2005年10月23日

「〜だったと思う」と「〜だと思った」

私が「〜だったと思う」としか言いそうにないところを、「〜だと思った」という言い方をしているものに、時折出会います。
過去のこと(など、「た」で言うところ)について、判断を下しているのは現在、というような場合においてのことです。


どんぴしゃりの用例ではないかもしれませんが、次のようなの。
「ふさ子さん、たしかいまは……」
と、マダムが店の名を告げた。
「その店は、どういうところ」
「よく知らないけど、アルサロみたいなところじゃないかしら」
「その店でも、やはりふさ子という名前だろうか」
「たしか、そうだと思ったわ
(吉行淳之介「探す」(『私の東京物語』文春文庫p206)

これは「過去について」というわけではないけれど、私だったら、「そうだったと思う」というところです。

世代差なのか(私は四〇代なかば)、地域差なのか(私は福岡生まれ)。
あるいは、口頭では言わなくとも、文章ではそう書くものだとして書いているのか、とも思いましたが、関西の人が、「たしか、そうだと思った」と言っているのを聞いて、「今はどう思ってるんだ」と不安に思ったことがあるのを思い出しました。

posted by 岡島昭浩 at 20:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 文法一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「コールドゲーム」(スポーツニュースで)

「コールドゲームが宣告された」というのは、本来的には重言(馬から落馬)でしょう。「コールドゲーム」が「宣告されたゲーム」なわけですから。重言を避ければ、「主審によって試合終了が宣告され、このゲームはコールドゲームとなった」とでもすべきところでしょうか。


「ゲームが成立して終了」を宣告するときに、主審は手を差し上げながら何というのか。私は「ゲーム!」というものだと、何となく思ってきました(「called "Game"」?)。昨夜たまたま見た際には「ゲームセット」と言っているようでもありました。
posted by 岡島昭浩 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースで目についたことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

「この後」と「その後」

道浦さんの発題につなぎます。
「この後」と「その後」
 道浦俊彦
 - 05/10/19(水) 16:10 -
----
ふと、不思議の思ったことがあります。
「この後」
という言葉は、副詞的には、
「このあと」
としか読めず「このご」とは言わないのに(「この後に及んで」とは言うが、これは名詞)、なぜ、
「その後」
という言葉は、
「そのあと」「そのご」
の2通りの読み方があるのでしょうか???
『日本国語大辞典』を見ると、「このご(此の後)」ということばもあります。
*浮雲(1887-89)〈二葉亭四迷〉二・一一「母親が此後(コノゴ)何様(どん)な言(こと)を云ひ出しても、決してその初の志を悛(あらた)めないと定ってゐれば」
ほかに樋口一葉・国木田独歩の例も。明治には使われていたのでしょう。一方、「そのご(其の後)」も、明治からこっちの例しか載っていません。明治時代には、「このご」「そのご」が仲よく使われていて、対称をなしていたのでしょう。

すると問題は、今は「このご(此の後)」がなぜ使われなくなったのか(少なくとも一般的でなくなったのか)、ということになるでしょう。その理由は、「こんご(今後)」に吸収されたから、と見てはどうでしょうか。音も似ていますし。一方、「そのご(其の後)」の類語に「じご(爾後)」がありましたが、今ではあまり使われなくなりました。

つまり、ちょっと前ならば
  こののち このご こんご(今後)・きょうこう(向後)
  そののち そのご じご(爾後)
と、多くのことばがあったものが、だんだん整理されてきたという考えではどうでしょう。

なお、「このごにおよんで」は「この期に及んで」ですから、別のことばですね。


posted by Yeemar at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 語彙一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

なまり亭

最近、日本語関連番組がたいへん多く、とても追跡しきれません。「朝日新聞」2005.10.13 p.11に、「テレビでも「日本語ブーム」 今月から5番組 コントや方言で独自色 特番から続々昇格」(葉山梢記者)という記事が出ているとおりです。

この記事にもある「マシューズベストヒットTVプラス」のメーンコーナー「なまり亭」(火曜日19:00放送)も、もとは特別番組だった模様。この6月に放送された番組のメモを摘記しておきます。

呼び物は「なまり禁止タイム」のゲームです。「方言が出たら罰金」という決まりは、「方言札」の思想を連想させ、好きになれません。だいいち、罰金を取られないようにしようとすれば、共通語で話すことになってしまいます。そうではなく、「方言名人こそが高額賞金を獲得する」というほうが、おもしろいと思うのですが、いかがでしょう。もっとも、結果として、視聴者は方言を楽しんでいるのだとすると、へんな気分です。

----
2005.06.30 テレビ朝日
●「マシューズベストヒットTV・日本全国 なまり頂上決戦! 芸能人が方言丸出しだべさSP」

〔出演〕
福岡・陣内孝則/富山・柴田理恵/山口・芳本美代子/広島・アンガールズ/岐阜・熊田曜子/鹿児島・はしのえみ/なまり判定員・金田一秀穂

〔オープニング字幕スーパーより〕
・なまり亭とは
地方出身芸能人がお国言葉でくつろぎ郷土料理を食べられる憩いの場
しかし なまり亭には なまり禁止ゲームが設けられている
なまり禁止ゲーム中になまりを出してしまうと罰金を取られる
今回は団体戦で戦い 最終的になまり数の多いチームが高額な罰金を支払う事になる

〔「なまり禁止タイム」のゲーム〕
*共通語に直しそこない「なまり」が出ると、金田一氏がベルを鳴らし減点

(1)同時翻訳 共通語に直しなさい!
(広島弁)「道を歩きょーったら、溝に500円落としてしもーて とろう思うて手ぇ伸ばしたら、たわんかったけえ、どがんしょーかぁ思うとったら 友達が来たけえ、「手伝うてくれーや」言うたら 「たいぎいのう。わしもういぬらにゃあいけんのんじゃ」と言うて帰るけぇ ほんまぶちはがえかったわぁ」
(山口弁)「「あんたねー、部屋をそねーよごしちょったら、部屋の中のもん、かたっぱしから、さですてるよ!」って言われたけ〜、片付けしよったそ。へたら、うちの足元で、ぶちおっきぃあぶらむしが ゴソゴソいごいちょったけ〜、ぶちたまげてしもーて、こけた拍子にイスをめいでしもうたそ。」

(2)連呼翻訳 3回目はダメよ!
・方言を2回くり返し 3回目は共通語に翻訳!
(鹿児島弁)「ひったまがったぁ〔びっくりした〕/まっこてげんね〔本当にかわいそう〕/ちょっしもたぁ!〔しまった!〕/てげてげでよかが〔適当で良いよ〕/やっせんがぁ〜?〔ダメだねぇ〕/よかにせだね〔カッコイイなあ〕」
(富山弁)「けなるいねぇ〔羨ましいですね〕/おっちんしられんか!〔正座しなさい〕/なにへぼつけとんがけ〔何 因縁をつけるのか〕/だらんないがけ〔バカじゃないの〕/こんとくない!〔生意気ですね〕」

(3)思いっきりなまり電話
・故郷の家族や知人と共通語でトーク!
〔以上〕

その他
・「県民の主張」で広島出身のアンガールズが、広島のもやしを持って「匂うてみいよ、もやしの匂いがすげえするし」

・室井滋(富山県出身)の応援メッセージが流暢でよかった。「テレビ見とられる全国の皆さん こんにちは 私ね 柴田理恵ちゃんと同じ出身の 富山県ながいちゃ けっこう富山の事を色々もっとね 注目して欲しいんやけど まぁなんか 私達の県て ちょっと地味なイメージなんやけども 私とアンタ〔柴田〕とで これからも頑張っていかんまいけね〔下略〕」――こうして書いてみると、語尾とアクセント以外は、共通語であることに気づきます。
posted by Yeemar at 18:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 放送記録および予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

つい読んでしまっていた

【32】
つい読んでしまっていた
 岡島昭浩
 - 04/4/29(木) 12:18 -
----

「つい読んでしまう」
を継承するものです。

学部生時代に大学院の受験勉強をしていた時には、「てにをは義慣鈔」を「てにをは義憤鈔」だと思っていました。なんだか義憤にかられて書いた書だと思ったわけです。
院生になり、序文を読んで、この「義慣」が古今集真名序の「語近人耳、義慣神明」によるものだと書いてあることにより、間違いに気付いたのでした。

外題学問ではいかん、ということですね。

真名序は、
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pinewell/waka/kokin/k_manajo.html
ここにありましたが、他にもありそうに思います。
ただ、古今集の歌だけとかは多くても、真名序はあまりなさそう。
(国文学研究資料館にはありますが、自由なデータではないので)



続きを読む

読み方が分からない漢字表記の語 #

【91】
読み方が分からない漢字表記の語 #
 Yeemar
 - 04/5/21(金) 6:31 -
----
読み方が分からない漢字表記の語
の続きです。
鹿児島の芋焼酎の逸品アサヒ(日當山{ひなたやま}醸造)は朝日の如くさわやかに≠フ心でつくる。県産のさつまいも「黄金千貫」を霧島山系の湧水で仕込み、常圧蒸留。芋香ほのかな美味。(『週刊新潮』2004.05.06・13 p.129)
「いもか」だろうと思いますが、分かりません。「うこう」ではなさそうです。

「香」は造語成分になれば「芳香」「薫香」のように「コウ」の読みで使われますが、「か」はあり得るものでしょうか。たとえば、イチゴの香りは「いちごか」(苺香)と言って分かるか。こういう場合は一語化せずに「イチゴの香り」というはず。「いもの香り」は「いもの香り」というしかないと思いますが、ウェブ上ではまま使われています(100件程度)。

「臭」は「シュウ」の読みで「カルキ臭」「学者臭」などとさかんに語を作ります。しかしこれは悪いにおいのほう。「香」に同様の造語力はなさそう。



続きを読む

若い人のことば #

【285】
若い人のことば #
 Yeemar
 - 04/8/8(日) 15:31 -
----
若い人のことば
を継承するものです。

■なるほどですね
最近、たてつづけに耳にしました。職種の異なる男性と女性から。どちらも推定20代後半〜30代。うなずくときに「ああ、なるほどですねー」「なるほどですね、なるほどですね」と言う。

「ですね」は間投助詞的な語です。「だからですね、もう少しですね、はっきりとですね、回答をですね、しなければですね」と、文節のおわりなら何でもつきます。ところが、感動詞にはつかない。「はいですね、わかりました」「よしですね、やりましょう」などとは言わない。なぜなら、感動詞と間投助詞とは役目がほぼ同じだから、感動詞に屋上屋を架すようにして間投助詞をつける必要はない。

ところで、「なるほど」は感動詞です。感動詞に間投助詞的な語がついている。それで注意を引くのでしょう。似たような例として「あのですね」「ええとですね」があります。これもむかしはへんだったのでしょう。



続きを読む

この人が作った ##

【82】
この人が作った ##
 Yeemar
 - 04/5/19(水) 16:54 -
----
この人が作ったの続き。
わたしが作ったの姉妹編。
肩がこる」という表現を初めて使ったのはだれか。
答え、夏目漱石。
「門」に「指で圧して見ると、頸と肩の継目の少し脊中へ寄った局部が、石の様に凝っていた」。
ちなみに、この「肩がこる」という表現は昭和になって庶民に広まったと言われる。〔以上要約〕
(NHK「ためしてガッテン・指圧!3つのお願い」2004.05.18 深夜2:35放送=2004.05.12の再放送)
これはクイズで、「森鴎外・夏目漱石・樋口一葉・二葉亭四迷」の中から選ぶのでした。おそらく『日本国語大辞典』の用例にあるところから、このようなクイズができたのでしょうが、『日本国語大辞典』の使い方を間違っているというべきものです。



続きを読む

近刊『日本語源大辞典』(小学館)

【641】
近刊『日本語源大辞典』(小学館)
 岡島昭浩
 - 05/1/6(木) 2:44 -
----
2月25日ごろ刊行予定。定価6000円+税。A5判 1282ページ。ISBN 4-09-501181-5
「日本語の語源に関する古来の諸説を集大成した日本最大の語源辞典」で、「約6000語をおさめる」とのこと。



続きを読む

みなれないヘビが横たわっている

【1067】
みなれないヘビが横たわっている
 みさお
 - 05/10/7(金) 6:50 -
----
各地で大型のへびが発見されるニュースが続いています。「みなれないヘビが横たわっていると市民が通報」とめざましテレビ(フジテレビ、10月8日午前6:35ころ)のニュースで報じていました。
でも「みなれないヘビ」って変な気がしました。発見されたのはニシキヘビ。見慣れないというか「動物園でしかみたこともないようなヘビ」というのが実際のところだと思うのですが、「みなれない」ってどの程度の「みなれなさ」に使用したらよいのでしょうか?



【1068】
Re:みなれないヘビが横たわっている
 道浦俊彦
 - 05/10/7(金) 8:13 -
----
たしかに・・・。
「見慣れない〜」は、その「もの」や「動物」自体は「見慣れているもの」(たとえば犬や猫、人間、自動車など)だが、こと、固有のその「もの」に限ると、特徴などから「見た覚えがない、見慣れない」というふうに使うのでしょう。
だから「見慣れない犬、ネコ人、クルマ」などはOKです。

ところが、「ヘビ」はふだんから身の回りでごく普通に眼にするものではない(都会ににおいては)だけに、「見慣れない」は使えないのではないでしょうか?

一方「見たこともない」は、これまでの人生において視覚的に経験したことがない、ということで、「見たこともない犬、ネコ、クルマ」は、それまでに見たことがある犬やネコやクルマの概念を越えているということでしょう。
この場合の「ヘビ」も、動物園では見たことがあっても、街中での概念は超えているということであれば「見たこともないヘビ」と使えるのではないでしょうか。



【1069】
10月7日の間違いでした
 みさお
 - 05/10/7(金) 17:42 -
----
10月8日と書きましたが7日(金)の誤りです。
訂正いたします。


ひとり旅

【1056】
ひとり旅
 道浦俊彦
 - 05/9/29(木) 22:06 -
----
マラソンでトップ独走することや、転じてプロ野球などリーグ戦で他チームを圧倒的に引き離してトップをゆくこと、逆に引き離されて最下位をゆくことを、

「ひとり旅」

という表現を耳にしますが、なぜ「旅」なのでしょうか?
マラソンは「道行き」なので「旅」、野球の場合はペナントレースがリーグ戦で長いので、「旅」のように感じられるから?などとも考えられますが。

いつごろからこのような言い方をするようになったのでしょうか?



続きを読む

「しか…ない」

【1058】
「しか…ない」
 MM
 - 05/10/1(土) 15:35 -
----
はじめまして。検索で漂着しましてから興味深く読ませていただいております。

いきなりの質問で恐縮ですが、以下の二つの文章の違いが気になっています。

「わかる人にしかわからない」
「わからない人にはわからない」

両者の意味するところは同じだと言ってよいと思うのですが、
それぞれの述語の「わからない」は文法的にも同じなのでしょうか?
また、前者の「主語」は何だと考えればよいのでしょうか?



続きを読む

幼貝

【1062】
幼貝
 道浦俊彦
 - 05/10/3(月) 18:41 -
----
9月23日朝日新聞のサイトで、
「北海道厚岸町の特産かき”カキえもん”の『幼貝』が暑さにやられた」
という記事が載っていました。「稚貝」は「チガイ」で種苗にあたるそうですが、この「幼貝」はなんと読むのでしょうか?「ようがい」?それとも「ようばい」でしょうか?


こがわ(小川)

【1054】
こがわ(小川)
 Yeemar
 - 05/9/28(水) 20:44 -
----
金田一春彦・安西愛子編『日本の唱歌 中』(講談社文庫)p.50所収、「故郷を離るる歌」(吉丸一昌訳詞、大正2年)の2番に「小鮒{こぶな}釣りし小川{こがわ}よ、柳の土手よ。」という歌詞があり、解説に
第二節の第二行「小川」に「こがは」と仮名が振ってあるのは不審。「をがは」の間違いではないか。一般には「をがは」と読まれていた。
とあります。こういう箇所は金田一氏が書いたのではないでしょうか。

ところで、『国定読本』巻三(第1期2年上、1904〈明治37〉年から使用)には「コガハ」という唱歌が載っており、
イヘ ノ マヘ ヲバ
ナガレル コガハ。
とあります。「こがは」は間違いではなさそうです。

そう思って『日本国語大辞典』を見ると、当然というか、「こがわ」は載っていました。日葡辞書や、この読本のこの歌の直前の文章などが出ています。唱歌の解説文の「間違いではないか」というのは、軽い気持ちで書いたのでしょうか。



続きを読む

ぽち #

【1053】
ぽち #
 Yeemar
 - 05/9/28(水) 20:18 -
----
ぽち
の続きです。

故團伊玖磨氏が健在のころ、テレビ(1997年)で「かめかめ、来い来い、まま食わしょ」という歌があることを口頭で紹介していました。それはいったい何の歌なのか、分かりませんでした。

『小学唱歌』(明治25年3月12日印行、3月14日出板)には、「ゑのころ」という歌が載っており、
ゑのころ
こいこい
ままくは
せう
とあります(『日本教科書大系 近代編5 唱歌』)。

作曲は伊沢修二で、「童謡 同人改作」とあります。伊沢修二が詞をいじっているのかどうか、わかりません。「かめかめ」が「ゑのころ」になったのか、その逆か、「かめかめ・ゑのころ」に共通祖先があるのか。


真逆

【1050】
真逆
 道浦俊彦
 - 05/9/27(火) 23:00 -
----
「真逆」という言葉は、まだ辞書には載っていないのではないかと思いますが、いつごろ、どういうところから発生したのでしょうか?
議論や会議で相手の発言を封じつつ、注目を集めて発言機会を得るための言葉のように思うのですが。単に「逆」と言うよりも強調しているわけですよね。評論家の宮崎哲弥さんあたりが使っているような気がしますが。どうでしょうか?



続きを読む

ぜんぜん大丈夫? #

【1049】
ぜんぜん大丈夫? #
 Yeemar
 - 05/9/20(火) 2:00 -
----
ぜんぜん大丈夫?
の続きです。

「全然」のあとには、むかしから、肯定も否定も来ることが出来た、というのは今や定説であろうと思います。放送などでも耳にします。最近では、「全然可愛い」は、単なる肯定ではないということも指摘されています。つまり、「あなたは自分では可愛くないと思うかもしれないが、そんなことは全然ない、可愛いのである」という語感、いわば、広義の否定表現に変わりないというわけです。

研究上、なぞとされているのは、昔から肯定・否定形の両方があるにもかかわらず、なぜ「全然〜肯定」の形が批判の対象になったのか、ということ、また、批判されるようになったのはいつごろからか、ということであろうと思います。これについては、いくつか説が出されているものの、まだ霧がはれたとは行かないようです。

それに関連して――石坂洋次郎『青い山脈』〔1947年発表〕に、こういう部分があります(手元の新潮文庫 昭和43年1月47刷改版 昭和62年10月87刷では p.292)。
全然同意ですな」
 沼田は変な軍隊用語で、ポカンと気が抜けたように答えた。
石坂洋次郎は、「全然同意」というこの言い方に、1947年当時、「変な」という語感、かつまた、「軍隊用語」だという認識を持っていたことが分かります。おもしろい例だと思います。


「ぬ」と「ない」

【1021】
「ぬ」と「ない」
 Yeemar
 - 05/9/5(月) 12:04 -
----
本棚の筒井康隆『旅のラゴス』(新潮文庫)を久し振りに手にとってみると、1箇所、ページに折り目がついていました。何のつもりで折ったのだっけと思ってよく読むと、
城壁はほんの二間余の高さしかなく上部の幅も三、四尺であり石火箭が設置されると通行不能になるという不便な代物{しろもの}で、半日の守備さえおぼつかぬように見えた。(p.77)
とありました。

「おぼつかぬ」「やるせぬ」等、「ぬ」「ない」の混乱の例を集めたスレッドがあったような気がしましたが、ありませんでしたので、新設しました。

「かたじけぬ」の幽霊例はこちらに書きました。「かたじけぬ」は、ウェブでは若干の例が拾われますが、まだ放送や活字では出会いません。



続きを読む

タモリのジャポニカロゴス 第3弾

【1047】
タモリのジャポニカロゴス 第3弾
 NISHIO
 - 05/9/17(土) 3:51 -
----
1月・4月に続く、第3弾です。
タモリのジャポニカロゴス
 2005年9月21日(水) 19:00〜21:09 フジテレビ系
 →http://www.fujitv.co.jp/b_hp/japonica/
(続いて21:15〜22:24は「トリビアの泉スペシャル」、微妙に拡大版)

また、来月から深夜枠のレギュラー番組になるそうです。
2005年10月11日(火)スタート 毎週火曜23:00〜23:30
 →http://www.fujitv.co.jp/tokuhen/05aut_new/b_hp/logos.html
 →http://www.ktv.co.jp/autumn2005/va_tu2300.html

フジテレビ深夜黄金伝説」に新たな1ページが書き加わるか!?
仲谷昇教授の「カノッサの屈辱」、近藤サトアナウンサーの「音楽の正体」などが
印象に残っています。「たほいや」はほとんど見ず。


水菓子

【881】
水菓子
 道浦俊彦
 - 05/6/9(木) 12:35 -
----
本来は「果物」のことを指す「水菓子」ですが、最近は「水羊羹」などのお菓子にも使われているので、 それは誤用・・・とされていますが、
先日行った京都の「京菓子資料館」にあった、江戸時代の『御蒸菓子図案帳』という本に、

「御水菓子」

という項目があるのを見つけました。そこには「定家餅」「水仙粽」といったお菓子がイラストとともに載っていました。
とすると、江戸時代から、水羊羹のような菓子のことを「水菓子」と呼んでいたのではないでしょうか?専門用語としてかもしれませんが。
少なくとも「果物」ではない和菓子のことを「水菓子」と呼ぶことはあった、ということですね。

こうなると、あながち「誤用」とは言えないのではないでしょうか?
いかがでしょうか??



続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。