2006年04月04日

「もっと明鏡」大賞

大修館書店の新聞広告「発表!「もっと明鏡」大賞」(「朝日新聞」2006.04.02 p.10)を見ました。

「異装」(校則に反した服装)をはじめ、日常、テレビや新聞・雑誌ではあまりお目にかからないことば(しかし、ある年齢層には広く知られていることば)が多くあって、刺激的でした。これからの辞書作りは、大衆の参加なしには作れないのではないでしょうか。

大賞は100名でした。詳細は大修館のホームページに発表されています。
http://www.taishukan.co.jp/

この中で、分からなかったことばがいくつかありました。

 ・エイヤー 「えいやっと、力わざで報告書をまとめる」というようなときのことばでしょうか?
 ・おひとりさま 読んで字の如しだと思いますが、転義も?
 ・こっくり 読んで字の如しだと思いますが、「こっくりさん」?(投稿者は17歳の人)
 ・しゃしゃる しゃしゃり出る?
 ・つんもり 東京都の58歳の女性の投稿。ウェブの用例からは、(料理などを)小高く盛るようす?
 ・てけてけ エレキのテケテケでしょうか?
 ・突変 突然変異?
 ・へちょい ?
 ・盛る 毒を一服盛る?
 ・√3 人並みにおごれや、とせっつくときのことば?

以上については、まだ何も調べていません。『明鏡国語辞典』新版が出ればすべて分かるでしょうか?
posted by Yeemar at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 辞書にないことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。