2005年12月25日

日本語ブーム消長

今年の後半は、「日本語テレビ番組」を見過ぎた観があります。

ところで、「日本語ブーム」というものはあった(ある)のか、あった(ある)とすればどれくらいの勢いか、それはいつからいつまでか、という疑問を持ち、新聞記事データベースで「日本語ブーム」を含む記事を検索してみました(G-Searchによる)。

その数字だけからすると、ブームはあり、それは(言われるとおり)『声に出して読みたい日本語』によって引き起こされたもので、いつ沈静したかは新聞によって違うが、一番早く興味を失ったのは産経新聞である、ということになります。どんな記事でこれらの語句が使われていたのかはまったく確認していません。

「日本語ブーム」を含む記事の件数
朝日読売毎日産経合計
199002204
1991524011
199212519
199312104
199404228
1995043411
199612339
199711204
199820125
199911125『日本語練習帳』
200031026
200110203『声に出して読みたい日本語』
20021010151146読売新聞「新日本語の現場」
200310167538NHK「にほんごであそぼ」
2004275317『問題な日本語』
20051185125秋より日本語TV番組多数
posted by Yeemar at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語生活一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。