2006年01月02日

名前などに句点

あけましておめでとうございます。

正月から唐突な話題で恐縮ですが、タレントの「KABA.ちゃん」という人は芸名に「.」(ピリオド)がついていますね。芸名は「KABA.ちゃん」か「KABA.」かよくわかりませんが、出版した本の著者名は両様になっています。下記の『ようこそ、KABA.ちゃんキッチンへ』では「調理……KABA.」と書いてあるように見えます。
 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/large/4789724980.jpg

この話題は、「『遊ぶ日本語 不思議な日本語』にご教示を(Yeemar)」に関連するものです。この記事では下記の例などが報告されています。
 「元気です。」(吉田拓郎のアルバム 1972)
 「花いちもんめ。」(伊藤俊也監督の映画 1985)
 「ホラタ、工業株式会社」
 「本田美奈子.」(2004年より)
 『プロ論。』(2004)『プロ論。2』(2005)
 『母のない子と子のない母と。』(壺井栄 1951)
posted by Yeemar at 23:44| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「藤岡弘、」 http://www.samurai-hiroshi.com/ (「侍道。」)
未完結・未完成という意味をこめて読点をつけたのは、かなり昔のことだそうです。

「より子。」(yorico) http://www.harmonypromotion.co.jp/yoriko/
# 知らない
-------

モー娘。のハロー!プロジェクトに所属するユニットは記号付きの名前が多いですね。
http://www.helloproject.com/
そもそも「つんく♂」からして。

「ミニモニ。」
「カントリー娘。」(略称「カン娘。」)
「ココナッツ娘。」(現存メンバー1名)
その他の記号。
「あぁ!」
「℃-ute」(キュート)
ハートマーク付きもあります。

-------

その他。
「W-inds.」(ウィンズ) http://www.w-inds.tv/index2.html
「つのだ☆ひろ」 http://www.tsunodahiro.com/
「晴晴゛」(HARE_H"ARE)(はればれ) http://www.motherld.com/8080/
# " が出ません
「関ジャニ∞(エイト)」 http://www.teichiku.co.jp/artist/kan8/
「3B LAB.☆」(スリービー・ラボ) http://www.jvc-entertainment.jp/3blab/
「↑THE HIGH LOWS↓」(ザ・ハイロウズ) http://high-lows.net/
「nobodyknows+」(ノーバディ・ノウズ・プラス) http://www.nobodyknows.jp/pc/

Posted by NISHIO at 2006年01月03日 04:58
横浜のクラシックホテルです。
「株式会社ホテル、ニューグランド」 http://www.hotel-newgrand.co.jp/kessan/

Posted by NISHIO at 2006年01月03日 12:47
「ローランド ディー.ジー.株式会社」 http://www.rolanddg.co.jp/company/outline.html
通称は「ローランドDG」。“Roland Digital Group”の省略表記「D.G.」なのでピリオドをそのまま残したらしい。
…と、ここに勤務する友人が言っていました。

句点ではありませんが、「○」の付く有名な会社。
「株式会社△□○」(みよまる) http://www.340.co.jp/company001.htm
Posted by NISHIO at 2006年01月03日 13:14
「晴晴゛」のように漢字に点がつく例ということであれば、
・喫茶店「乱歩゜」(台東区谷中)
 http://www.juno.dti.ne.jp/~jyajya/yanaka/yanaka1.html

・豚カツ「とん加゛亭」(新宿区若松町)
 http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/x_tonga.jpg

というのもありますね。
Posted by Yeemar at 2006年01月03日 20:08
そういえば、『野ブタ。をプロデュース』と『プロ論。』を並べて、句点が面白い、というような捉え方をした記事が、たしか産経新聞にあったような気がします。
『野ブタ。……』が、ドラマ化されたりするより、ずっと前のことでした。

『プロ論。』は、最初の半濁点と呼応させるような句点、と書いていたように思います。
Posted by 岡島昭浩 at 2006年01月04日 23:42
『ほっしゃん。』 吉本興業所属、http://www.ktv.co.jp/su-yoshi/gakuya/g135.html
「。」は つんく♂ が付けたそうです。
Posted by NISHIO at 2006年01月08日 00:19
ダンス☆マンなんぞというのもいます。
http://www.danceman.co.jp/center.html
実は、そのダンス☆マンの「漢字読めるけど書けない」という曲が好きです。
Posted by 五十里光彦 at 2006年02月01日 15:55
「喰っ亭。」
という地鶏料理店が、わが家の近所にありました。トリさんはあまり好まないので行ったことはありません。


書籍の題名に関しては、文教堂「JBOOK」の検索サイトで検索すると大量に出てきました。

書籍:4233件
 http://sch.jbook.jp/s.asp?category_id=11&field=p&key=%E3%80%82&max=100
雑誌:170件
 http://sch.jbook.jp/s.asp?category_id=12&field=p&key=%E3%80%82&max=100
音楽CD:659件
 http://sch.jbook.jp/s.asp?category_id=31&field=p&key=%E3%80%82&max=100

書籍の商品名(題名・副題)のごく一部を拾ってみると…、何でもアリの世界です。

『か。-KA-』『とく。』『恋々。』『女将。』『夫婦。』『『勘。』』『統率力。』『堀江本。』『CB感。』『17歳。』『生きる。』『社長、命。』『死に方、六輔の。』『つくる。生活』『男である、幸福。』『未来への、約束。』『野菜、大好き。』『ね。』『陽炎の。』『愛、だろ。』『空に、満月。』『「乞う。」 』『友よ。』『行儀よくしろ。』『やれば、できる。』『読む。平家物語』『自動車世界遺産。』『人間力。』『ほんじょの虫干。』『三月、七日。』……

AMAZONの和書の書名検索では22件。
NDL−OPACでは、「。」は検索語として認識されませんでした。(何か指定方法があるのかもしれませんが)
Posted by NISHIO at 2006年03月08日 14:46
「スカパー!」
ロッテの「小梅ちゃん」の昔のCMは「す。」と句点があったような気がします。
Posted by 谷本玲大 at 2006年03月30日 08:38
この例もそうですね。
(引用開始)
 さて、今月紹介するのは『小学生日記』という本。モデルで女優、そして現役小学生のhanae*さんが書いた作文¥Wです。〔本と映画と山口綾子〕(「朝日新聞」2004.01.25 p.15)
(引用終了)
Posted by Yeemar at 2006年04月04日 16:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11274912
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。