1997年07月28日

【マスコミとマスコム】

 佐藤さんのシミュレーションを読んで思い出し、またYeemarさん飲みニュケーションとも関わることなのだが、『国語学辞典』(昭和30年)は、マスコミュニケーションの略語を「マスコム」としている。「マスコミ」ではないのである。
 そもそも「マスコミ」というのはどういう略語であろうか。おそらく正統の「マスコミ・ュニケーション」というような下略ではなく、変化形「マスコミ・ニュケーション」の下略ではなかろうか。『国語学辞典』では、こうした誤った言語を元にした略語を嫌って「マスコム」にしたのかもしれない。そもそも「マスコミ」という略し方は何時ごろから言われているものなのだろう。『日本国語大辞典』には円地文子・花田清輝の例が載っている。『現代用語の基礎知識』あたりを年代順にダーッとみて行きたいところであるが、ちょっと面倒である。
posted by 岡島昭浩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 目についたことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。