2006年02月18日

「ガセネタ」について(道浦俊彦)

(この形式になってから、なんとなく発題しにくくて・・・2回目かと思いますが、これでいいのでしょうか?)

(題)「ガセネタ」について

さて、自民党・武部幹事長の二男と堀江被告との間に金銭関係があったというメールの内容が国会で発表されたことに対して、小泉総理は
「ガセネタ」
という言葉を使いましたが、この「ガセネタ」の語源は何なんでしょうか?
ネットで検索すると、
「お騒がせ」の意味からの「がせ」で警察用語、という記述も見受けられましたが。、本当でしょうか?

道浦俊彦 at 2006年02月17日 14:16

http://www.ytv.co.jp
posted by 岡島昭浩 at 18:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 語彙一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この手の言葉に強いのは、
米川明彦『俗語大辞典』、木村義之・小出美河子『隠語大辞典』でしょう。

これらをみると、警察用語ないしテキヤ用語ではあるのですが、古い意味は「お騒がせ」よりも「偽物」のように見えます。犯罪ですから、「お騒がせ」では済まないように思えます。

贋造ノ通貨其他偽画偽墨等ヲ犯罪ノ手段ニ供スル詐欺。〔第三類犯罪行為〕隠語輯覧 一九一五

語源はわかりません。
Posted by 岡島昭浩 at 2006年02月18日 18:50
そうなんです、私もまっさきに米川先生の『日本俗語大辞典』を引いてみたのですが、語源については書かれてないんですよねえ・・・残念!
Posted by 道浦俊彦 at 2006年02月20日 20:46
>この形式になってから、なんとなく発題しにくくて

お久し振りです。私も道浦さんに同感。
いろいろ投稿したいのですが・・・。

岡島先生、もっとシンプルで分かりやすい形式に再考なさったらいかがでしょうか?
Posted by 畠中敏彦 at 2006年03月01日 07:25
畠中敏彦さん、
ご感想を有り難うございます。

シンプルなものと、維持管理(ならびに外部からの直接リンク)のやりやすいものがなかなか両立せず(両立できるはずの旧cgiは、うまく動いてくれるところが見あたらない)、このblogにたどり着きました。

畠中さんや道浦さんには、投稿可能な「ブログ共有者」になっていただければと思うのですが、いかがでしょうか。

もし、可能であれば、
http://blog.seesaa.jp/
にアカウント登録していただき、「ユーザーコード」をお教えいただければと存じます。
Posted by 岡島昭浩 at 2006年03月01日 11:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13423368
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。