2007年05月04日

芸妓を猫、仮名垣魯文

芸妓を猫といい出したのも、魯文がはじめである。(「明治十年前後」淡島寒月「『梵雲庵雑話』岩波文庫P35)



実際には、江戸期からある。
posted by 岡島昭浩 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が作った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。