2000年01月24日

「全国」について(関川 明日香)


はじめまして。
いろいろとまわっている間にこちらを見つけました。
もしかして、以前に話題になっていたら申し訳ないのですが
実は、中学生にきかれて困っていることがあり、教えて
いただければと思い書き込みさせていただいています。

よく天気予報で「全国の天気」というのがあると思いますが
あれは、全国といいつつ日本国内の天気ですよね。全国なら
世界でもよさそうなのに・・・
昔だれかから、日本はたくさんの国からなっていたから
日本全体を全国と呼ぶ、というようなことを聞いた気がするの
ですが、本当でしょうか?
その由来や期限などを知りたいのですが、教えていただけ
ませんでしょうか??

どうぞよろしくお願いします。



UEJ さんからのコメント

( Date: 2000年 1月 24日 月曜日 22:05:54)


「全社を挙げて」「全校生徒」もそうですね。
でも「全職場」「全学年」と言うと違う…



道浦俊彦 さんからのコメント

( Date: 2000年 1月 25日 火曜日 0:06:38)


「全国」は「日本全国」つまり、「日本国、全部」という意味で、英語だと「ALL JAPAN」ですよね。つまり「全(日本)国」あるいは「(日本)全国」の日本が省略されていると考えてはどうでしょうか?アメリカだと「全米(国)」で「国」が省略。「日本語」も「日本(国)語」の「国」が省略されるか、あるいは「日本」が省略されて「(日本)国語」となるではありませんか。
「全」は「その国の全て」を強調するためについているような気がします。
つまり「全部の国」ではなく、「国の(中の)全て」というふうな感じではないでしょうか?
イメージだけですみません。



UEJ さんからのコメント

( Date: 2000年 1月 25日 火曜日 8:52:36)


要は「全」に「すべての」と「…全体」の意味があるということだと思いますが、
単語によってはどちらの意味にも使われますね。
1. JR線は"全線"順調に運行しています(=すべての線、山手線も東海道線も京浜急行線も…)。
2. モノレール○○線が"全線"開通した(=線全体、始点から終点まで)



関川 明日香 さんからのコメント

( Date: 2000年 1月 25日 火曜日 20:29:25)


突然の質問に、早速のご回答をありがとうございました。
確かに、「全」には「すべての」という意味とともに、「〜全体」の意味が
ありますね。ひとつひとつ説明していただくと納得です。

全ての世界の国々であれば、「全世界」ともいうと思いますが、これも「世界
全体」ということで「〜全体」の意味付けですね。


私も中学生のころ、同じ疑問を持ったので、すごくすっきりしました。
本当にありがとうございます。

私は、全く畑違いな仕事をしていますが、こうやって、コトバの意味を深く
考えることはおもしろいなあ、と今回思いました。
また、何かありましたらよろしくお願いいたします。


posted by 岡島昭浩 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。