2000年02月02日

逆方向?

 どうも、頭痛ぎみで頭が回らないのですが、「ご遠慮させていただきます」というのは、遠慮する人がいうのが普通ですよね。遠慮してもらう立場の方は、「ご遠慮願います」とか「ご遠慮頂ければ幸いです」などではないかと。

ファミレス系の店でも、同じような表現を見たことがあるもので。


gooのhelp



沢辺治美 さんからのコメント

( Date: 2000年 2月 02日 水曜日 15:52:02)


「ご遠慮させさせていただきます」ってことなんでしょうか?
「させ」が重複するから略されたとか…。



Yeemar さんからのコメント

( Date: 2000年 2月 02日 水曜日 21:04:09)


>>なお本サーチツールを営利目的でお使いいただくことはご遠慮させて
>>いただきます。

ファミリーレストランにはよく行きますが、このような例には気
づきませんでした。

これは、奇妙に理に適っているようです。理屈を言えば、「お使
いいただく」のはgoo側であるので、そのような立場にgoo側(自
分の側)が置かれることは遠慮したいという意味だと解されます。

ふつうは「お使いになることはご遠慮ください。」で十分なので
しょうが、そこに、無くもがなの受恵表現を入れて「お使いいた
だくことは……」とした。そこで、あとの続き具合が分からなく
なった。起草者が周りの同僚と額をつきあわせて相談した結果、
上掲の文に落ち着いた、というあたりが真相ではないでしょうか。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 2000年 2月 02日 水曜日 23:13:11)


 日付のない、「噂」のような写真ですが。

 おそらく、CoCOSという店ではなかったかと。

遠慮



言魔 さんからのコメント

( Date: 2000年 2月 03日 木曜日 9:37:43)


類似する尊敬と謙譲の間違い的な言い回しなんですけど、先日、我が社に電話が..
「○○と申しますが、社長おりますか?」
知らない人(多分、テレアポでしょう)だったので、社長である私は
「ただ今外出しておりますが」
いつごろ帰ってきます?
「さぁ...」
「じゃ、いいです」(ガチャッ!)
と、まぁ、こんなの最近ですと日常茶飯事ですねぇ..

この「おります?」という聴き方は最近、あちこちで聞きます。
ちょっとずれてるかも知れませんが、似た様な「変」ですよねぇ..

言葉のよろずや



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 2000年 2月 03日 木曜日 22:59:38)


>これは、奇妙に理に適っているようです。理屈を言えば、「お使
>いいただく」のはgoo側であるので、そのような立場にgoo側(自
>分の側)が置かれることは遠慮したいという意味だと解されます。

なるほど。ファミレスだったら「受注は遠慮させていただきます」ということでしょうか。

ああ、ややこしい。勘弁いただきたい!?



岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 2004年 03月 05日 金曜日 17:56:31)

 これは逆方向ではないのですが「させていただく」に関連する話題なので。


学者たちの没年が分からないかと、『学士会会員氏名録』を何冊か持っているのですが、その昭和十三年版と十四年版の巻末にある「学士会館御利用案内」に、「宿泊室内での食事にはサーヴイス料を戴かせます。給仕人への心付は勘定の一割戴かせます」とあります。「給仕人をしていただかせる」ということなのでしょうか。



http://kotobakai.seesaa.net/article/7951528.html

posted by 岡島昭浩 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8173590
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。