2001年01月04日

無洗米(月読)


洗わなくてもよい米、ということのようですが、
それなら、既洗米、のほうがよいのでは?
無人島は、人がいない島。
無洗米は、洗ってない米、なのか、洗わない米、なのか、
ちょっと気になるのでした。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 2001年 1月 05日 金曜日 0:02:01)


 参考までに、「ちぇげらう」といいう新語関連のサイト。

ちぇげらう



Yeemar さんからのコメント

( Date: 2001年 1月 06日 土曜日 23:28:05)


「洗フコト無キ米」と訓読すればよいのでしょうか? 約1年前の用例として、次のような説明がありました。

無洗米というのをもらった。
 二キロ入りの袋で、値段は千三百円だという。
 袋に「とがずに炊ける無洗米」とあり、「洗わずに炊けて手間が省け、栄養も逃がしません」「糠が溶けこんだとぎ汁を河川に流して汚染することもないから地球に優しいお米です」といったことが書かれてある。(東海林さだお「あれも食いたいこれも食いたい」週刊朝日 1999.12.03 p.62)


posted by 岡島昭浩 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8173649
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。