2001年10月09日

パーティー・ジョーク(自作)(Yeemar)

これは「ことば会議室」にふさわしい投稿なのでしょうか。
まあ、「だじゃれ」などのスレッドもあることですし……

大胆な犯人
 街中のビルにある店舗で、爆弾が炸裂する事件があった。
 事件当時、店には多くの客と従業員がいた。犯人は客をよそおって店内に入り、椅子にどっかと腰掛けると、鞄から部品を取り出して、ゆうゆうと爆弾を組み立てた。あまっさえ、それを片手で高々と掲げ、従業員によく見えるように大きく振ったりした。それでも、犯人の行為をとがめる従業員はいなかった。
 なにせ、レストランだったもので。


岡島 昭浩 さんからのコメント
( Date: 2001年 10月 10日 水曜日 11:17:13)

 うーむ。

 これは、レストランで傍若無人に振る舞う客への怒りか、注文しようと従業員に手を振って見せても気付いてくれぬ怒りかを表しているように読んでしまいますが、誤読でしょうか。


Yeemar さんからのコメント
( Date: 2001年 10月 10日 水曜日 15:47:09)

後者のほうです。なかなか気づいてもらえず淋しい思いをしていたときにふと浮かんだ小話で。改良の余地ありですね。

それにしても、小話ふうのものが頭に浮かぶというのは、1年に1度もないことですので、後が続きません。


Yeemar さんからのコメント
( Date: 2001年 10月 30日 火曜日 11:29:05)

そも、何をもってパーティー・ジョークというのか、分からないままに。

年寄りに言うせりふ
 まだ若い友人同士AとBとの会話。
「おれ、最近ウォーキングを始めたんだ」
「そりゃまた年寄りじみた趣味だね」
「言うに事欠いて年寄りじみたと来たね。もっとほかに言うことばはないのか。健康的でいいねえ、とか何とか」
「あー、えーと、いつまでもかくしゃくとして達者そうだね」

別スレッド「いわゆる「寒いギャグ」を論ず」との話題的関連性はあるかもしれません。


posted by 岡島昭浩 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8173693
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。