2001年11月15日

「ここはどこ、私はだれ」(Yeemar)

別スレッドからの分岐です。

「ここはどこ、私はだれ」ということばの出典は?

「電通オンライン」の「広告景気年表」によれば、1984年の流行語とのことです。

1984年のニュースと流行(広告デザイナーの抽出し)」には、〈「世界まるごとHOWマッチ」でビートたけしが司会の大橋巨泉に責められた際にとぼけた文句〉とありますが、既存のフレーズを念頭に置いた発言でしょうか。

「タイム・トラベラー」出典説について。「続タイム・トラベラー」(1972年)の一部を録音されていた方のページによれば、「ここは…?」「どうやって、私、ここへ?」「私は… 誰なの?」「ここは、どこなの?」などのセリフはあったようです。

私が文字で見たのは、ずいぶん遅れて、たしか以下の1986年の文章だったように記憶します。

 ココハドコ、ワタシハダレ的心境を楽しんでいた利奈も、周囲の日本人が消えてしまうと、心細くなった。
(小林信彦『極東セレナーデ(上)』新潮文庫 p.115=1986-1987年「朝日新聞」連載)


UEJ さんからのコメント
( Date: 2001年 11月 15日 木曜日 12:00:30)

発展形の「ここはだれ、わたしはどこ」というのが流行ったこともありました。


posted by 岡島昭浩 at 11:48| Comment(1) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BD%E7%80%AC%E6%85%B6%E5%AD%90
赤いシリーズ第8作「赤い嵐」によるものだとの記述有り。1979年とのこと。
Posted by 岡島昭浩 at 2012年03月14日 13:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。