2002年01月29日

あいさつ 或いはオアシス運動(Yeemar)


東京の環七通りに面した板橋区立上板橋第一中学校の校門に「オアシス運動」の標語が張ってあります(2002.01.28確認、ただし記憶による)。
朝のあいさつ 「おはようございます」
心から感謝  「ありがとう」
だれにでも  「しんせつに」
すなおに   「すみません」
「オアシス運動」の沿革はよく知りません。しかし、1970年代後半、香川県の小学生だった私は「おはよう(ございます)/ありがとう/しつれいします/すみません」と覚えました(3行目が異なっています)。まもなく、これに「さようなら」が加わり、「オアシスサ運動」という名に変わりました(「オアシスサ」とは何の謂いぞや)。

上板橋一中の「しんせつに」はどうもあいさつらしくありません。「しつれいします」のほうがほかと調和するように思います。オリジナルはどちら?

ウェブを渉猟してみました。すると、熱海市では昭和40年代から親切運動を展開していて、
「おはようございます/ありがとうございます/親切な心で/すぐに実行」
という標語を用いているようです(熱海市ホームページ「親切運動」)。ただしこれが当初からのものかどうかはわかりません。

〈「オアシス運動」の発祥の地〉と自己紹介する山形県飽海郡平田町の南平田小学校のページもありました。そこでは「おはよう/ありがとう/親切/すみません」。ただし、同じ山形県でも南陽市の市報では「おはようございます/ありがとうございます/しつれいします/すみません」。

「google」で、「オアシス運動」と「しんせつ」とのand検索をすると4件、同様に「親切(-親切運動、-親切な、-親切で)」とのand検索で20件、「失礼します」とで42件、「しつれいします」とで29件ですが、「親切」派、「失礼」派のどちらが優勢ともにわかには断じがたい気がします。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 2002年 1月 30日 水曜日 23:28:38)


1960-70年代の北九州でも「失礼します」だったような気がします。でも、子供心に「失礼します」をどのように使ったらよいのか分からず、首を傾げたように思います。「すみません」との使い分けが分からないと感じたのだと思います。いや、「失礼しました」だったかな。

そういえば入体質の時に「失礼します」と唱えるのを聞くのは落ち着かない、という人がいることを思い出しました。

それはともかく、後に「親切」をしり、これなら分かると思った記憶があります。

2番目が「あいさつ」となっているのをみたことがあるような気もします。「おはよう」は挨拶ではないのか、と思ったものでした。


posted by 岡島昭浩 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8173708
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。