2002年01月30日

「美男子」の読みかた(夢野麻衣)


「びだんし」でしょうか、「びなんし」でしょうか。



Yeemar さんからのコメント

( Date: 2002年 1月 30日 水曜日 14:07:51)


私はたしかなことを知りませんが、インターネットでひける国語辞典が参考になると思います。

→ 「大辞林 第二版

ちなみに、書店で売っているものとしては『三省堂国語辞典』が安くて初心者にもひきやすいと思いますから、この機会に買ってみられてはどうでしょう。



岡島 昭浩 さんからのコメント

( Date: 2002年 1月 30日 水曜日 16:30:02)


 AかBか、という問いは非常に難しいものです。

 「現代に於いて、どちらが、より規範的な形であると思われやすいか」ととらえても、なかなか難しいものです。

ある人にとって規範的な形であると思うものが、別の人にとっては「通ぶって嫌な形」であるかもしれませんし。

ある人にとってちゃんとした言い方であると思うものが、他の人には古臭い言い方と感じるかもしれません。

「美男」はビナンが普通だと思われるのですが、これとて、なぜビダンではいけないのだ、という人もあるでしょう。「男」は漢音ダンが常用の音となっていて、しかも「美」をビと読むのも漢音なのに、なぜ、わざわざ「男」を呉音ナンで読むのだ、というような考えもありうるでしょう。
それはともかく、「ビナン」の仲間だから「ビナンシ」というのがまず一派。

一方、「男子」はダンシと読むのが普通だから、ビダンシと読む方が、合理的だ、生産的だ、というのが一派。

「美男」は「ビダン」だが「美男子」は「ビナンシ」だ、という人もいるかもしれません。「男子」をナンシと読むこともあるわけですし。

全く答えになっていませんが。



道浦俊彦 さんからのコメント

( Date: 2002年 1月 31日 木曜日 10:21:00)


どちらも辞書に載っていますね。
でも、私個人の意見では、「美男子」は「びだんし」であり、「美男」は「びなん」です。

対する言葉(”つい”になる言葉)を考えた時に、「男子(だんし)と女子」は対(つい)ですが、「美」がついた場合の「美男子」に対して「美女子」は耳にしません。「男子」は「だんし」で一つの言葉、ですから「美・男子」と私は考えます。

「美男」は、「美男美女」(びなんびじょ)という言葉が印象的なので「びなん」。「老若男女」(ろうにゃくなんにょ)も「なん」ですね。
「ろうにゃくなんにょ」は、よく「ろうにゃくにゃんにょ」と、「男」を「なん」ではなく「にゃん」と読み間違ってしまいますが。



夢野麻衣 さんからのコメント

( Date: 2002年 2月 02日 土曜日 14:09:49)


ありがとうございました。言葉って生きてるんですね。正解がないような、あるようなって言うもの面白かったです。


posted by 岡島昭浩 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。