1997年04月21日

形容詞+「です」

 形容詞の終止形に「です」のつく言い方については、国語審議会が昭和27.4.14に出した「これからの敬語」で、
   7 形容詞と「です」
 これまで久しく問題となっていた形容詞の結びかた――たとえば「大きいです」「小さいです」などは、平明・簡素な形として認めてよい。
としています。
 「大きゅうございます」ではあまりに面倒で、それに替わる言い方が無いので認められたのだと思います。それを受けて、というわけでも無いのでしょうが、外国人のための日本語の教科書ではこの言い方を教えています。この言い方を好まぬ日本人も居る、という説明は書いていないようです。
 「大きいのです」と「大きいです」は意味が違いますし、「大きいです」を認めないと、形容詞の終りかたは困ってしまいます。
 「大きいです」が舌足らずな言い方だと感じる人でも、「大きいですね」「大きいでしょう」は許容度が高いようですね。
 そもそも、「です」が東京語に採用されたのが新しいことなので、こういう問題がおこるのでしょう。大槻文彦が書いた『口語法別記』がよく引用されるところです。
 「大きいです」などの言い方は『金色夜叉』などにもあるのですが、「あるです」などの形もあって、現代共通語とは様相が異なっているわけです。
「あさきゆめみし」


天野修治 さんからのコメント
( Date: 1999年 6月 17日 木曜日 10:48:43)

外国語としての日本語教育では「です」は英語のbe動詞に近似し、その基本型は「だ」であると説明されます。そうすると、日本語の形容詞にはすでにbe動詞に相当するものが含まれているので「です」は不要だということになりますが、ご紹介の通り現代語では形容詞にも「です」を付けて「です・ます」体の文章に馴染ませようとします。この場合「です」はもはやbe動詞では説明がつかなくなり単に「丁寧さ」を加える働きを示す、と苦し紛れの様相を呈してきます。「大きいです」とは言えますが「大きいだ」とは少なくとも標準語では言えないのが、この「です」の日本語の表現での歴史の浅さを裏付けているのかもしれません。
天野修治 バルセロナにて


言魔 さんからのコメント
( Date: 1999年 6月 19日 土曜日 17:30:02)

私の「若者用語の裏知識」では、「○○でいいです」という項目で
取り上げましたが、昭和40年代以降に生まれた方は「結構です」
「よろしいです」という表現はすべて「いいです」と言いますね。
私が気にした部分は「で」の部分でしたが...

言葉のよろずや


posted by 岡島昭浩 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8173729
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。