1998年02月09日

賞状のふしぎ(峰)

なぜ、賞状の文章には、『句読点』がないんでしょうか?


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 12日 木曜日 17:31:37)

 句読点が添え物であった時代のなごりかと思われます。下には大日本帝国憲法の画像へのリンクを掲げておきましたが、習字などでも句読点は打ちませんね。

 添え物は書かない、というのが公式だし、礼儀にも叶っている、ということだったのだろうと思います。手紙には句読点は打たないのが礼儀、という風に書いてある作法書もありました。

大日本帝国憲法(東京大学総合研究博物館デジタルミュージアム)


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 12日 木曜日 17:32:06)

 以下のようなページの存在もお教え頂きました。

賞状にはなぜ句読点がない?(河村裕介さん)


さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 13日 金曜日 16:15:31)

すみません
賞状にはなぜ句読点がない?(河村裕介さん)
   をみて感じた疑問でした。


posted by 岡島昭浩 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。