1998年02月13日

「目茶目茶」と「目茶苦茶」(峰)

「目茶目茶」と「目茶苦茶」・・・正しいのはどっちでしょう?

たぶん、どっちかが先に生まれて、どっちかがその派生語だとおもうんですが。


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 13日 金曜日 17:29:32)

 「正しいのは」というという問いには、「どちらも」とお答えしたいところです。

 どちらが古いかとなりますと、これらより古い「めためた」「めった」などとの関係を探らねばなりません。


さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 13日 金曜日 18:13:14)

えっ?

めちゃめちゃ より めためた のほうが
古いんですか?

しかも めためためった とも言うとは・・・

これって、最近の めっちゃ にも通じませんか?


森川知史 さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 16日 月曜日 10:15:41)

最近、若者が「めっちゃ安い」とか「むっちゃ、腹立つ」とか言いますね。
「めっちゃ」は、「目茶目茶」や「目茶苦茶」からの変化で、「むっちゃ」は、「無茶苦茶」からの変化でしょう。
峰さんは挙げておられませんが、だから、「無茶苦茶」という表現が元々あるはずですね。
尤も「目茶苦茶」から「くっちゃ」ができてもよさそうですが、それはないようですね。


Yeemar さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 16日 月曜日 23:28:09)

 「東海道中膝栗毛」などには「やみらみっちゃ」なることばが出てきま
すが、

>ごつたかへして、たばこぼんをふみくだくやら、どびんのちやをぶちま
>けるやら、三人やみらみつちやに、さわぎたつるものをとに、
                            〔發端〕
 「みっちゃ」は元、痘痕(あばた)の意だという説明ですが、ここで
の意味はめちゃくちゃということだと思います。この「みっちゃ」と
「めちゃ」の関係も興味深いです。「めちゃ」のほうが古いとすれば、
そのことばに影響されて、「やみらみっちゃ」が疱瘡の意から「めちゃ
くちゃ」の意になってきたのか、あるいは古来の「めったに」とか「む
さと」とかいう語(いずれも「やたらに」の意味がある)に「やみらみ
っちゃ」が影響を与えて「めっちゃ」「むちゃ」になったのか……。
そもそも「やみら」とは何ぞや、というのも分かりません。まったく関
係ないかもしれませんが、疑問として書かせていただきました。


言魔上人 さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 17日 火曜日 11:15:02)

ふと、気になるのが「やたらめったら」という表現ですが、
目茶苦茶と関連があるのでしょうか...?

言葉のよろずや


posted by 岡島昭浩 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8173775
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。