1998年05月15日

平安遺文いつのまに


 生協書籍部のところにポスターが貼ってあり、その中に「現代用語力検定」とかいうのがあったから、なんじゃそりゃ、と思い、パンフレットを積んである辺りを見ていたら、現代用語力検定のパンフは見当たらなかったが、CD-ROM版平安遺文のパンフレットが置いて有った。

 全文検索可能、70000円、東京堂出版、東大史料編纂所のデータ提供ということで、これは買わなければなりませんね。

 でも何時出る、出たのかがわからないのです。予約申込みとパンフにはあるのですが。

 史料編纂所のページには出版物のことは書いていないのかな?

 「平安時代フルテキストデータベース」というのがあるのでしたね。

東大史料編纂所



後藤斉 さんからのコメント

( Date: 1998年 5月 15日 金曜日 14:45:56)


CD-ROM版『平安遺文』については、『歴史評論』578号(1998年6月号)に
紹介記事があります。「刊行された」とのことです。

史料編纂所の保立道久氏のページに関連記事があります。ただし、
このウェブページは誤ってAドライブの画像を読みにきますので、
ご注意を。

なお、『歴史評論』のこの号は「歴史学とインターネット」特集です。
鵜飼氏の「日本の歴史学におけるインターネット利用の現状」と
小沢氏の「ネットワーク社会と歴史学」は、なかなかの力作だと
思います。ご参考までに。

保立道久



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 5月 19日 火曜日 10:36:35)


 後藤さん、有難うございます。

 平安時代フルテキストデータベースをちょっと使ってみて、これで十分な気もして来ました。

 まずは、『歴史評論』を読んでみたいと思います。



後藤斉 さんからのコメント

( Date: 1998年 5月 19日 火曜日 15:55:16)


>まずは、『歴史評論』を読んでみたいと思います。

私は回し者ではないのですが、ご参考までに目次を。

歴史評論 No.578 1998.6


posted by 岡島昭浩 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。