1998年07月01日

胸に一物(Yeemar)


ご無沙汰しております。

「胸に一物にもつは先へ」というしゃれ(むだ口)があるようですが、
よく分からないことばです。

 私の見たのは明治24年(1891年)3月「六合雑誌」123号の大西祝
「滑稽の本性」(『大西博士全集7』所収)という論文の中でです。

  例へば「胸に一物にもつは先へ」と洒落るる時はにもつなる一言
  の下に二個の意を合括せんとして而して其不相応なる処に「をか
  しみ」を生じ来る也即ち「胸に一物にもつ」と読む時は如何にも
  二物の如く思はるれども「にもつは先へと」(ママ)読み下す時
  は荷物とより外に思はれずこの殆ど(其意味に於ては)相関係す
  る処なき二個の思想を一言の下に括るは不相応の至りなれども然
  れどもその不相応なるものが矢張り括られ居る所(裏がへして云
  へば一に括られ居るものが一に括らるゝには至て不相応なる処)
  に洒落を生じ来る也            (全集 p.306-307)

 滑稽の発生する要因について述べた文です。私の知るバージョンで
は「胸に一物、手に荷物」というのもあり(先輩が使用した)、こち
らのほうが面白いのではないかと思いますし、かつ、これを大西理論
ではどう説明するのか聞いてみたい気もします。

 それはともかく、「荷物は先へ」とは何か、まさかスキーツアーの
ときに用具を宅配便で先に宿に送っておくことではあるまいし、と、
いうわけで、このむだ口の後半がよく分からないのです。

 このむだ口が広まった時期などとあわせて、情報をご存じの方がお
られましたらお教えいただければと思います。

 鈴木棠三『ことば遊び辞典』には載っていないようです。



satopy さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 01日 水曜日 15:52:35)


『伊賀越道中双六』に、「心に一物荷物は先へ、道を早めて急ぎ行く。」がありますね。下記ご参照ください。ただし、底本が不明なのでなんとも。



SATOPY さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 01日 水曜日 15:53:34)


またやってしまった。

(浄瑠璃)床本集



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 01日 水曜日 16:49:48)


 「〜手に荷物」の方は、私も知ってます。それを下敷きにした「胸に一物手にマイク」という歌詞のある「赤ずきんちゃんバスストップ」という題の歌が、1970年代後半に野沢那智・白石冬美・小島一慶・林美雄というTBSラジオ系の人によって歌われていたのも記憶しております。
 また、織田作之助『競馬』が青空文庫に入っていますが、それに、

「胸に一物、背中に荷物」というが、
とあります。
 小学館の『ことわざ辞典』(電子ブック版による)には、用例が無いながらも、「背中に荷物」「手に荷物」の両形をあげています(「腹に一物」もあり)。リズムとして77と75が選べるということでしょうか。「背に荷物」でもいいわけですが。

 77のリズムになる「荷物は先へ」というのは、知りませんでしたが、検索を掛けてみると見つかりました。
 文楽 鶴沢八介の館HP『伊賀越道中双六 沼津の段』がありますが、それに、

心に一物、荷物は先へ、道を早めて急ぎ行く。
とありました。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 01日 水曜日 16:52:10)


 あ、satopyさん、さすが素早い。

 失礼しました。



Yeemar さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 02日 木曜日 10:01:19)


 さっそくにお教えをありがとうございます。

 ホームページも検索していなかったのは怠慢でした。出てくるもの
ですね。

 「伊賀越道中双六」は1783年=天明3年初演ということなので、そう
とう古くから言われていたことになりそうです。

 「沼津の段」の問題個所を読んだかぎりでは、こういう筋らしいで
す。平作・お米という二人連れに会った十兵衛という男が、じつは平
作は実父、お米は妹であることを悟ったが、わけあって自分だと知ら
れないように金を渡し、「娘さん、親父さんに孝行してあげてくれよ。
さようなら」とだけ言って、心に一物たくわえたまま、別れて道を急
いだ。

 ここでは、すでに言い習わされていた文句を取り入れたものかと思
います。当時は「荷物は先へ」で十分面白いしゃれになっていたので
しょう。荷運びの者が主人より先に立って歩く習慣があるとか、何か
素地があったのかと想像されます。それがだんだん分からなくなって、
新たに「背中に荷物」など、対句としてもうまい言い方が出たという
ようなわけでしょうか。



言魔上人 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 04日 土曜日 7:54:31)


埼玉県北部ローカルのような気がしますが...
「腹に一物、手に荷物、三つ持たせたご進物」と言います。
(私が言葉遊びに興味を持ったのは、こういうテキヤの口上の
ようなものが最初でして...特に、江戸っ子言葉は今では、
むしろ、旧五街道の江戸より20〜30里といった地域にしか
残っていない様子ではないか..等...う〜むまとまりが
つかない...)

言葉のよろずや



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 05日 日曜日 0:45:58)


 Yeemarさん、私が検索したのはHDです。
 岩波の大系本『文楽浄瑠璃集』(祐田善雄氏)は、「そなたはその荷物を持って……早う行きや」をさすとしていますね(p343)。

 言魔上人さん、サンモツ・ゴモツもあるといいのにですね。



Yeemar さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 07日 火曜日 0:29:38)


言魔上人さんの「テキヤの口上」というご発言で、室町京之介『香具師
口上集』(創拓社)を見てみましたが、ちょっとそう都合よくは見つか
りませんでした。

私は岩波大系本のテキストファイルを、すべては持っていないのです。
書物でも揃えておらず、よくないことです。

改めてこの段の頭から熟読してみますと、たしかに十兵衛という男が、
子分(?)の安兵衛なる者に、さきに荷物を持って目的地の吉原に行か
せているのですね。とすれば「荷物は先へ」という軽口だか修辞だかは
この文脈で初めて生きてくるわけで、「胸(心)に一物、荷物は先へ」
の出典はまさにこの「伊賀越道中双六」と考えることができそうですね。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 07日 火曜日 8:54:42)


 大系本のテキストファイルは私も持ちません。

 国文学研究資料館のものが使えるようになれば有り難いことです。

http://www.nijl.ac.jp/%7Ejsf/



言魔上人 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 08日 水曜日 0:01:07)


『香具師口上集』(創拓社)ですか...
購入せねば...
話がそれてしまいますが、実は結構好きな分野ですので。
特に「あたりきしゃりきに車引き、ブリキに電気に蓄音機」等..



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 08日 水曜日 0:41:52)


 『香具師口上集』、創拓社から新装版がでてるのですね。知りませんでした。CD付きのようですね。

 元版は正続2冊でしたが、その関係はどうなってるのでしょうね。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 12日 日曜日 12:52:25)


 『〈'60年代〉ことばのくずかご』167ページ(『言語生活』1966.4 p56c)に、「胸にイツモツ、手に荷物」あり。「伊賀越道中双六」の一節から、楠井紫光が考え付いたものであると。
大正時代のことのようです。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 2000年 1月 18日 火曜日 15:33:00)


「ことばのくずかご」の記事は、「奇才・大辻司郎」三好昌尚という文章が出典。
大辻司郎がはやらせたと言うことは、高田文夫『江戸前で笑いたい』筑摩書房1997.1.25の西条昇「東京芸人ギャグ・フレーズ年表」の冒頭、大正15年/昭和元年の項にもありました。「ハラハラと落つる涙をコワキに抱え」「勝手知ったる他人の家へ」「お母さんは女であった」と共に。


posted by 岡島昭浩 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。