1998年07月16日

き のう? きの う?(峰)


ほんと、単純な疑問ですいません。
「昨日」のルビは「き-のう」なのか「きの-う」なのか?
どなたか教えて頂けませんか?



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 16日 木曜日 18:04:47)


 これは均等割り付けがよいでしょう。熟字に対するルビですから。でも、それが無理なら「きの う」でしょうか。

 熟字訓のルビの振り方には習慣のようなものが有るのでしょうか。これは印刷業などの方に伺わねばなりますまいが。ワープロソフトなどは漢字1つにルビ2つというのが普通でしょうが、はみだしたりも出来るのですよね。

 「それが無理なら」というのは、語源的に「今日けふ」「昨日きのふ」の「ふ」が、「日ひ」と関係あるかもしれませんので(苦しいのですが)、「日ふ」としておこうかと。少なくとも「今日」との関連づけにはなりますよね。いや、「きょう」と現代かなで付ける時にはまた割り付けに困りますね。



さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 16日 木曜日 23:52:39)


ありがとうございます。

ただ、関西の一部地域で
「きんのう」と発声しているような気がします。

これは、「きん」+「おう」の音便でしょうか?

うーん、むずかしい...



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 17日 金曜日 10:16:56)


 「きんのう」は、「きのう」の「の」の子音nが伸びたものと考えられます。「きんにょう」と言ってる方言もありますね。



益山健 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 17日 金曜日 16:17:03)


Goo で「きんのう」を探すと, 25件ありました。内訳は「昨日」21件, 「勤皇」1件, 「錦嚢」1件, 「金農」1件, 不明1件。名古屋が多いようですが三河・美濃・駿河・伊豆がありました。
「あっした」というのも見えますが少ないです。



さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 23日 木曜日 14:44:23)


「あっした」は知りませんでした。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 24日 金曜日 8:48:57)


 どういう場合に子音が伸びるか、というのは面白い問題です。

 中央語でも「さき」が「さっき」になるというのがありますが、方言を見て行くと、「いんま」とかいうのもあったと思います。

 子音が伸びるわけではないですが、「まーえ」というのもあったと思います。

 これらの多くは、意味を限定するためにちょっと語形を換えた、という感じがしますが、「きんのう」「あっした」というのはどういうわけなんでしょうね。



satopy さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 24日 金曜日 17:11:38)


東海三県をはじめ、あちこちで聞けるものかと思いますが、


まだ → まんだ (未)

もありますね。これは「濁音の入りわたりの鼻音」で、古い
日本語の名残でしょうか。


posted by 岡島昭浩 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。