1998年07月20日

文藝春秋


 文藝春秋の八月号はなかなか面白い。大野晋「語源の限界」であるとか、「二十世紀図書館」(井上ひさし・立花隆対談)の『日本国語大辞典』への言及であるとか、……もだが、高松宮妃喜久子「徳川慶喜の孫に生まれて」が面白かった。
 
職仁親王、織仁親王、幟仁親王、熾仁親王。似たような字で、ややこしくて、むずかしいから、私たち、代々のご先祖さまを、ハバヘンだの、ミミヘンだのと言ってたの
とか、
「お揃いあそばしましてご機嫌ようならっしゃいまして」「大宮さんにもなんのお障りさんもあらっしゃりませんで」
とか、
三十一文字を、九字、十字、九字、三字と四行にわけて書くのが決まりなのです。これを九十九三と云うの

など。



satopy さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 21日 火曜日 0:52:10)


皇室版『旧事諮問録』(これでよかったかな)ですね。

>九十九三

なんと読むのでしょう。ルビがありましたか?



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 21日 火曜日 1:18:14)


 残念ながらないのです。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 7月 24日 金曜日 15:30:15)


 「九十九一」なら「つくもはじめ」でしょうが。というような冗談はさておき、立花隆と井上ひさしの対談に出て来た、『日本国語大辞典』を挙げていた人が居る、ということですが、掲載分全員について目を通してみたのですが、この中には載っていませんでした。

 『辞林』を挙げていた人はいますが。確か武藤康史だったと思います。

 対談では、国家がやるべきものを、出版社がやった、と誉めていました。現在改訂中であるとのことも書いて有りました。


posted by 岡島昭浩 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。