1998年09月29日

ハ抜け言葉?(satopy)


「で」という助詞に、「ない」を付けるとき、どうなりますか。形容動詞も含めて考えていいと思います。

A それをやったのは、私(で|では)ない。
B 静か(で|では)ない。

私にとっては、「は」か抜けるのは、非常にすわりが悪いように思います。ただ、大学院時代、仙台にいて、このハ抜けを耳にしたことがありました。また、現在、私も、文章では時としてハを抜くこともありますけれど。

皆さんの地域ではいかがでしょうか。

(提題性とか、対比の用法とか、助詞ハにはありますが、それとはまた別のものとして、むしろ、単純にハが入るかどうかでお考えください)

まぁ、もう、現代語の方では、なにか結論が出ているのかしら。


posted by 岡島昭浩 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8173850
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。