1998年10月11日

「むし」の語源(ぽこぺん)


むし(虫、昆虫)を研究しているものですがどなたか「むし」の語源をご存じない
でしょうか。六の「む」と足の「し」がくっついたのかとも考えてみましたが
根拠はありません。正しい答えを教えていただければありがたいです。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 10月 12日 月曜日 14:38:34)


 ようこそいらっしゃいました。

 語源というのは、なかなか難しいものでして、すべての語についてそれが分かるものではありません。とくに、この「むし」のように、わずか2音節である場合には非常に難しいことになります。
 2音節であっても、「ぬま」「やま」「はま」などのように関連性のあるものがいくつかみつかるものであれば、これらに語源的繋がりがある、という可能性が示せるのですが、「むし」の場合には難しそうです。

 「むし」と名付けるときに、既になにか別に参考になる命名があったのか。あったとすればそれが語源であるということになるのですが、これはなんともわかりません。

 御説の「六足」ですが、そういう語源説を持った人は過去にも居ました。ただし証明は出来ていません。多分、今後も証明することはほぼ不可能でしょう。かりに日本語と同起源であることが確かな言語が見つかって、その言語の「むし」が、日本語の「むし」に対応(語形が)していそうで、しかももっと長い語形であるならば、話は別ですが。

 また、日本語の「むし」は、昆虫に限らず、むかでや、くもや、みみずや、ヘビなどもはいってきますから、「六足」をいうには、命名当時は昆虫に限っての呼び名であったということを示さないとならないのではいかとも思いますが、これは枝葉のことでした。


posted by 岡島昭浩 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8173853
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。