1998年12月21日

苗字の「元」と「本」(畠中敏彦)


事情あって、久しぶりに投稿しております。またよろしく。

さて、岩元、坂元、福元、松元、山元、吉元・・・のように「元」のつく姓は、
かなりの高い確率(私の経験則)で鹿児島県出身者です。
逆に、岩本、坂本・・・のように「本」のつく人は、他県出身者(が多い)と
いうことになります。
これは、何か歴史的背景でもあるのでしょうか。
あるいは、これにまつわる話題でもお持ちの方がいらしたら、お教え下さい。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 12月 22日 火曜日 16:02:29)


 「薗」字も鹿児島らしいものですね。

 角川から、地名辞典に継いで、県別の姓氏辞典のようなものが出されているようですが、鹿児島県は出てませんかね。鹿児島は名字もその表記もバラエティに富んでますから作るのも大変でしょうね。

 あ、でてますでてます。

nacsis検索



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1998年 12月 22日 火曜日 16:13:11)


 丹羽基二『姓氏の由来事典』という小さな本(三省堂サン・レキシカ1987)では、「苗字もできるだけ、むずかしい漢字を使って、いかめしく区別したのです」というようなことしか書いていません。

 佐久間英『珍姓奇名』には「元」「薗」の事実のみ。また「有…」「之」が多いこと。



畠中敏彦 さんからのコメント

( Date: 2000年 1月 07日 金曜日 12:41:13)


岡島さん↑と多少ラップしますが、最近、ある図書館で見ました。

鹿児島の貴族は、相対的に身分が低かったことから存在感を示すため、
 本→元、園→薗
と故意に難しい漢字を使った。とありました。



石ねこ さんからのコメント

( Date: 2000年 1月 07日 金曜日 23:46:54)


名字の「本」「元」については、佐久間英氏の「珍姓奇名」にも記述があります。
それによりますと、
(1)「モト」の字は、東日本は「本」、西日本は「元」の使用される傾向がある。
(2)ただし「アキモト」だけは逆(東「秋元」/西「秋本」)
とあります。
アキモトが逆の理由は示されていませんでした。


posted by 岡島昭浩 at 10:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の出会った人で本または元のが苗字に含まれるひとは皆さん性格が似てて1つ誰にも負けない技術をもっているが負けず嫌いな為、他人を誉めない事や自意識過剰により協同作業は苦手なのですが、気のせいでしょうか?
親友にも三人いますがトラブルが怖く会わせる事が出来ません。


Posted by えれック at 2010年12月12日 02:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。