1999年01月19日

ユーロ


 ドイツ語ではオイロだということは知っているのですが、他言語ではどうなのでしょうか。

 また日本での発音をユーロで行こう、と決めたのはどこなんでしょうかね。



益山健 さんからのコメント

( Date: 1999年 1月 19日 火曜日 22:20:06)


ユーロのページだと各国の綴りは載ってますが発音はないですね。
通貨記号でない Euro- は以前から存在したのでその発音で読むものと思っていました。
日本の場合も「ユーロ市場・ユーロ債」などの語が従来からあったので「ユーロ」に落ち着いたものだろうと思います。

The EURO/Choose your area/Citizens & Consumers



益山健 さんからのコメント

( Date: 1999年 1月 19日 火曜日 22:21:44)


フランス語での発音が下のページにちょっと書いてありました。
euro はともかく cent が「百」の意味になってしまうのが問題らしいです。

Le plan national de passage: Changeover to the euro



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 1月 20日 水曜日 15:04:41)


 そうですね。ユーロダラーというのもありましたね。やはり英語でしょうか。連合王国ははいっていないのに。

 ヨーロッパの「ヨーロ」の方が特殊なんですよね。ユーラシア・ユーレイル


 ヨーロが「エウロ」の仮名書きから出来た、というのは、本当なのかな。


posted by 岡島昭浩 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8173870
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。