1999年06月02日

「筆順指導の手引き」以前の筆順


 これまで、持っていたのは、当用漢字制定以後のもので、沢田栄参『当用漢字/筆順辞典』(昭和24.9.30、誠教社)と、岡本明『筆順と字体』(昭和28.2.10、大阪教育図書)だけでした。「必」の筆順など、比べてみれば面白いのですが、それほどびっくりするものはありません。

 今度手に入れた竹田左膳『運筆の順序(巻之壱)』(明治28.5.2、翰香堂)ですが、これが面白い。字源に遡って筆順を考えてますので、違っていて面白いのです。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 02日 水曜日 18:16:46)


 この本、下のページで引用されていました。

いわゆる「正しい筆順」の幻想 



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 03日 木曜日 12:35:12)


 こんな本もあるようです。

運筆順序


posted by 岡島昭浩 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。