1999年06月14日

○○マワリ(言魔)


仕事で、業務用ホームページの作成などもやっているのですが、
先日とあるページを作成していて、クライアントさんに思いきり
怒られました。
「ミズマワリという漢字がすべてちがってるじゃないですか!!
言葉遣いもちゃんとできないんですかっ!!」
....
さて..そのミズマワリですが、「水廻り」で正しいのでしょうか?
大体において、「○○マワリ」という表現自体、最近使われ始めた
ものだろうと思うんだけどなぁ...



Yeemar さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 14日 月曜日 15:37:14)


ご文面からすると「水廻り」にせよとのクライアントからの
注文なのでしょうか。

「gooで数調べ」をすると
  水まわり 1024
  水回り   777
  水廻り   590
  水周り   303
ですね。「広辞苑」では「水廻り」ですが「三省堂国語辞
典」「新明解国語辞典」では「水回り」。「廻り」は常用
漢字にないこともあって、使わないほうが一般に理解され
やすいとは思います。

「朝日新聞の用語の手引」は「まわり」の項目に「水回り」。

私自身は「水まわり」と書くと思います。

しかし、クライアントさんが「見ず間割り」が正しいといえ
ばその通りにするしかないような気もしますね……。



言魔 さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 15日 火曜日 8:39:38)


Yeemarさんのおっしゃる通りでして、なにぶん、「クライアント様
あっての弊社」でございまして...この仕事、原稿には「ミズマワリ」が
なかったのに、電話で急に追加...だったので...で、納品してみたら、
クレームですから..ま、こんなことは日常茶飯事ですし、テキストを
ちょっと直すだけですから大した事ではありませんでした。

所有している数冊の辞書には「ミズマワリ」が載ってなかったので...
広辞苑を持ってないあたりがいけませんなぁ。でも、「○○の周辺」という
イメージで「周り」が良いような気がするのは私だけだろうか..



言葉のよろずや



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 15日 火曜日 9:54:06)


 「○○まわり」は新しいような気がしますが、「みずまわり」に関しては、そのような言い方が広がる前から聞いていたように思いますが、どうなんでしょう。

 『日本国語大辞典』には「水(が田に行き届いているか)を見回る」というような意味で載っていますが、それなら「水回り・水廻り」ですよね。

〈水が回る部分〉ということでしょうか。



Yeemar さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 15日 火曜日 16:28:06)


流体力学では「○○まわり」という言い方をするようですね。漢字は
「周り」でしょうか。
 例)
  「正方形角柱まわり
  「車両まわり

最近使われる「○○まわり」の用例としては

  ・人事まわり全般を任せてもらえる、ということでMさんにとって
   はキャリアアップにもつながる。(出典

というのを見つけましたが、これは人事が回るわけではないので「人
事周り」でしょう。つまり「人事関係」。

この意味の「○○まわり」、ちょっとほかに用例を思いつきません。
いろいろありそうなのですが。出所は、まさか流体力学? それとも
「水まわり」からの(誤った)類推でしょうか?

「水まわり」も「水関係」と捉えた場合、「水周り」と書きたくなる
かもしれません。「おしゃれ関係」があるなら「おしゃれまわり」も
あるかと思いましたが、探せませんでした。

湯まわり」は、「水まわり」からつくったことばのようで、時々見
ますが、べつにセントラルヒーティング式に湯が回っているわけでは
ないようです。これはどう表記すればいいのでしょう。



言魔 さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 19日 土曜日 17:46:40)


またまた勉強になってしまいました。
ありがとうございました。
まあ、商人にとってお客様は神様ですので、
「おっしゃるとおりでございます」でオワリに
なってしまいましたが...ひらがなを使って
「水まわり」にしておけば良かったのか...
そのフレーズの近辺に「キッチン周辺の」など
「周り」を使いたくなる言い回しがあったし..



Yeemar さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 20日 日曜日 1:46:05)


最近使われる「まわり」の用例の追加です。

法律まわりからひとまず解放されて
勉強まわりでホームページに成果を載せれそうなこと
 上記2件は同じ人で、口癖のようです。
もし正規表現まわりの動作でおかしな所があれば
ネットワークまわりの技術支援を担当しております

いずれも「周辺」「関係」といった意味合いらしいです。
「水まわり」との関係は依然として不明です。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 22日 火曜日 12:52:51)


 足まわり、というのは、車関係の用語かと思ったら、交通機関(アクセス)にも使われるようですね。



言魔 さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 23日 水曜日 9:24:26)


基本的には口語表現なんでしょうね。
私自身のページでは、投稿してくださった方をたとえば、
「岡島さんマワリの方」などと表現しますが、敢えて、
カタカナにして若者用語的雰囲気を醸し出している
つもりです。

言葉のよろずや



Yeemar さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 23日 水曜日 19:27:29)


「足まわり」ということば自体知りませんでした。調べてみると:

  (1)「足の周囲」の意味で
    ……旅行用スリッパ、学童用シューズ、ルームシューズ、
    ケアシューズと足まわり品の縫製販売にと40年間に渡っ
    て携わってきた。(出典)
    〔類例?〕「足まわりがラク」(出典)

  (2)「タイヤ・ホイール・車軸などの総称」(?)の意味で
    ショックアブソーバーとスタビライザーを標準装着した
    足まわり。積み荷にやさしく、優れた操縦安定性を発揮。
    (出典)

  (3)「行きやすさ、交通の便」の意味で
    足まわり抜群!人気観光スポット至近!サウナ付天然温泉
    風呂完備! (出典)
    〔やや意味不明例〕
    また、中国横断自動車道(岡山〜米子線)が全線開通し、
    大阪、広島、岡山へ恵まれた足まわり交通条件をもって
    います。(出典)

  (4)意味不明
    秋田においてはNTTの専用線以外に足まわり回線の選択
    肢がない。(出典)

最後のものは文意が分かりませんでした。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 24日 木曜日 17:11:19)


 『三省堂国語辞典』第4版は、「足回り」として、説明も、どうもタイヤが回転することと考えているように読めます。「水回り」は建築用語あつかいのような感じです。

 しかし、「まわり」を引いて見ると、そこには「回り」とは別に「周り」があり、「水−」「足−」というのが「周り」の方に載っていると言う状況です。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 6月 24日 木曜日 17:14:26)


 Yeemarさんの調査に敬服しましたが、リンクをたどって飛んで見てびっくり。あーびっくりした。


posted by 岡島昭浩 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8174239
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。