1999年07月07日

和製中国音


 先日、鴇の命名のニュースで、子供達から送られて来ていた候補もニュースで紹介していましたが、それを見ていると、和製中国音のようなものが沢山目について楽しめました。

 「優優」でユンユン、これは字音から類推したのですね。「結結」もユンユン、これは訓を音と勘違いして中国音らしくアレンジしたもの。「好」をたしかミンだかユンだか読ませようと言うのもありました。江戸時代の人工唐音を思い出した次第です。

 しかし、親が「友友」ヨウヨウで、子が「優優」ユウユウ、というのは生まれた土地を反映した呼び方ですね。中国語だったら声調で区別しないといけません。

トキ情報



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 7月 08日 木曜日 14:21:03)


 思い出しました。「友好」でヨウヤンと読ませようとしていたのでした。



言魔 さんからのコメント

( Date: 1999年 7月 09日 金曜日 7:10:40)


埼玉県南部の人なら結構知ってると思いますが、
「娘々」「娘妹」(「にゃんにゃん」「にゃんめい」です)
という店があります。スタミナラーメンは絶品!!

と、このように、店の名前では多々あるんではないかと..
ちなみに、「娘々」の本家のオヤジは旧満州国軍に在籍していた
というハナシですが...



言葉のよろずや



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 7月 09日 金曜日 8:44:11)


>「娘々」「娘妹」(「にゃんにゃん」「にゃんめい」です)
これは中国音に照らしても正しいものですね。「和製中国音」は日本の漢字音から勝手に類推して、中国のものとは違う、中国音もどきを作り出してしまうものなのです。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 7月 09日 金曜日 10:18:57)


 テレビコマーシャルで「酸辣湯麺」の「酸辣」を「スワンラー」でなく「スーラー」と読んでいるのはどうしてなのでしょうね。



益山 健 さんからのコメント

( Date: 1999年 7月 09日 金曜日 11:01:43)


酸辣湯麺は近所の中華料理屋では「スーラートンメン」でした。湯トンは広東風?
ということで酸スーもひょっとしたら 1.呉方言由来? とも思ったのですが...
他に 2. 日本語のスから, 3. 醋ツーの影響 かも。
一般に uan(g)/iao/uai などは日本語として発音しにくいためか, 変な音にされてしまうことが多いように思います。麻雀の荘(チャン)とか。

友ヨウと優ユウの差ですが, 確かに三声は一声より口の開きが大きいので, その違いを反映しているのかも ^^; [虫豪]油醤に「ハオユージャン」と書いてあったのを思い出させます。



南堂久史 さんからのコメント

( Date: 1999年 7月 09日 金曜日 17:58:00)



>>「娘々」「娘妹」(「にゃんにゃん」「にゃんめい」です)
> これは中国音に照らしても正しいものですね。

 あのう。……「夕焼けニャンニャン」はそういう意味なのですか? 
 「ニャンニャンする」もそう? 猫語かと思っていましたが。
 ……どうも、この方面、疎いものでして。
 言魔さんのページにもないようですね。

 ※ 下世話な言葉でページを汚してしまって、済みません。


posted by 岡島昭浩 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8174250
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。