1999年11月09日

こけしの語源(toko)


toko
「こけし」の語源として、昔は産まれすぎた子供を抹殺したため、
その身代わりに持ったものとして「こけし」があり、当て字は「子消し」
だったという説を聞いたのですが、本当でしょうか?



Yeemar さんからのコメント

( Date: 1999年 11月 10日 水曜日 0:30:28)


「子消し」という解釈はけっこうあるようですね。
(→1997七夕飾り
(→幽霊の話

また医学関係の席でも。
  これは、今、こけし人形が郷土玩具になっておりますけれども、
  「こけし」というのは子どもを消すという悲しい出来事の玩具で、
  嬰児殺しをした子どもを偲んで「子消し」人形が出来た、こうい
  うふうに解釈する場合もございます。
               (大正大学文学部教授 藤井正雄)
(→第8回厚生科学審議会先端医療技術評価部会議事録

どこから出た語源説か、興味があります。

『日本国語大辞典』では、楳垣実『語源随筆・江戸のかたきを長崎で』
(創拓社)を参照して、〈その形を「芥子坊主」と見立て、その小さい
ものの意味「小芥子」〉その他、いくつかの説を載せています。
子どもの髪型「おけし」、かわいい意味の「こけしい」に「這子」の
ついた「こけしほうこ」の略、「木削子」、「こけら」の語幹に「し」
のついたもの、など。

「子消し」説はありませんでした。

一般向けの「語源本」では、『知っ得 日常ことば語源辞典』(日本漢
字能力検定協会)に、「小芥子」説など。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 11月 10日 水曜日 12:29:11)


楳垣実『続語源随筆・江戸のかたきを長崎で』(関書院1961.1.5)によりますと、橘文策『木形子談叢』(昭和十年、日月書院)という本があるそうで、それにいろいろ説が書いてあるそうです。他に方言形が書いてあり、鹿児島の「コケジョ」という語形についても触れていました。

「子消し」説への言及はありません。コケシボッコなどの形を見ると、「子消し」説は考えにくくなりますが(ボコケシであるのならよいが)、そう呼んでいる地方は、「子消し」という語源意識が失われているのだ、と考えることも出来ましょうから、「子消し」説を完全に葬り去るのは難しいのかもしれません。

楳垣氏はコケラとの関連に引かれるようです。


posted by 岡島昭浩 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。