1999年12月28日

のし紙の詞書(石ねこ)


 熊本にて、南関東では珍しい「のし紙の詞書(?)」を発見しました。
 (1)「日晴」:赤ん坊の生後33日目のお祝いに用いる
 (2)「厄晴」:厄年明けに用いる
 (3)「御目覚」:お通夜に持参する品に用いる
 以上、市内の老舗和菓子屋の張り紙からの抜粋です(全文を記録していないた
め、文言は正確ではありませんが、趣旨はこの通りです)
 当方の住む南関東(首都圏)では全く見かけないものなのですが、前掲のような習慣及び詞書は、どの地方まで広がっているのでしょうか。また同趣旨で異なる詞
書にはどのようなものがあるのでしょうか。
 言語学というより民俗学的な質問かもしれませんが、ご存知の方のご教示をよろ
しくお願いいたします。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 28日 火曜日 23:22:51)


 熊本の「日晴」は「ひあけ」と読むのですよね。多くの地方では「内祝」と書くのでしょうか。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 28日 火曜日 23:24:02)


「ひあき」かも。


posted by 岡島昭浩 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8174300
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。