2002年05月25日

(歌謡曲における)終止形の連体用法

サザンオールスターズの「生まれく せりふとは」とか、時々ありますね。

適当にやっているのでしょうが、なにか傾向があるのでしょうか。


岡島 昭浩 さんからのコメント
( Date: 2002年 05月 25日 土曜日 16:41:58)

 リズムの要因があるのでしょう。

 例えば、大滝詠一「サイダー……73?」でしたか、「ナイアガラムーン」所収の「サイダー73,74,75」のうちの一曲。
 メインボーカルは「あなたがジンと来る時は」と歌っていますが、バックコーラスでは、「あなたが、じんとく、ときは」と歌っています。

旧終止形の連体用法というよりも「る」の脱落と見た方がよいのかもしれません。でも古典の終止形と同形であるから、許されているのだと思います。


岡島 昭浩 さんからのコメント
( Date: 2002年 05月 25日 土曜日 16:42:40)

 リズムの要因があるのでしょう。

 例えば、大滝詠一「サイダー……73?」でしたか、「ナイアガラムーン」所収の「サイダー73,74,75」のうちの一曲。
 メインボーカルは「あなたがジンと来る時は」と歌っていますが、バックコーラスでは、「あなたが、じんとく、ときは」と歌っています。

旧終止形の連体用法というよりも「る」の脱落と見た方がよいのかもしれません。でも古典の終止形と同形であるから、許されているのだと思います。


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 2002年 05月 26日 日曜日 00:03:08)

 どの様なときに二重書き込みになってしまうのでしょうか。


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 2002年 05月 26日 日曜日 07:17:25)

「たのし都 恋の都」(東京ラプソディー)のようなものは、判断の揺れるところ。


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 2002年 06月 27日 木曜日 01:42:00)

「とめど流る清か水」はなかなか面白いです。サザンオールスターズのなんという曲でしたっけ。

「とめど流るる涙」というのはアリスの「今はもうだれも」にあります(佐竹俊郎作詩作曲)。この歌によって歌謡界に持ち込まれたものでしょう

「止めど」というのは「止めても」という意味で使っていると思われ、本来ならば「止むれど」とあるべきところでしょう。
ところが、「止めどなく」という言葉があり(止めるところがない)、これと混線したために「止めど流るる」という言葉が使われたのでしょう。

「とめど流る清か水」で、この表題にかなう部分は「流る」の部分ですが、「とめど」も面白いのでした。


Yeemar さんからのコメント
( Date: 2002年 06月 27日 木曜日 09:51:09)

「楽し都」は上代の「うまし国そ」などと同じでしょうか。類例は「いとし殿御のこころの中〔うち〕は 雲におききと言うのかえ」(「花笠道中」詞曲・米山正夫、歌・美空ひばり)

以下の例は「赤き灯燃ゆ東京」というふうに、「燃ゆ」を連体用法にしているのでしょうか。メロディを聴くとそんな感じです。

銀座の街 きょうも暮れて
赤き灯燃ゆ 恋し東京
恋し東京
(「なつかしの歌声」詞・西条八十、曲・古賀政男、歌・藤山一郎/二葉あき子)
2001.06.19のNHK「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」では、「父と息子 執念燃ゆ 大辞典」というのを放送しましたが、「執念燃ゆ」のあとに空白が開いていたものの、何か落ち着かない感じでした。「執念燃ゆる大辞典」ではだめだったのでしょうか。

# なかなか接続できないときに、2重3重の書き込みになってしまうようですね。


新会議室へ

posted by 岡島昭浩 at 01:14| Comment(1) | TrackBack(1) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「歌謡曲における」ではありません。

http://d.hatena.ne.jp/okjm/20061107/

ここに「燃ゆごとし」と見えます。

安藤鶴夫『ごぶ・ゆるね』です。

「ごぶ・ゆるね」も「ご無沙汰です。許してね」の略ですから、これも略かもしれません。
Posted by 岡島昭浩 at 2006年11月08日 17:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

(新刊)日本語本レビュー ##
Excerpt: 【623】 (新刊)日本語本レビュー ##  Yeemar  - 04/12/31(金) 9:51 ----- (新刊)日本語本レビュー ..
Weblog: ことば会議室
Tracked: 2005-10-17 15:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。