2002年09月08日

当時、その語はなかった


真偽はともかく、誰かがそういっているもの。


森鴎外『最後の一句』

固より「マルチリウム」といふ洋語も知らず、又当時の辞書には献身という訳語もなかったので


森鴎外『ヰタ・セクスアリス』

情熱と云う語はまだ無かったが、有ったら情熱が無いとも云ったのだろう。衒学なんと云う語もまだ流行らなかったが、流行っていたらこの場合に使われたのだろう。その外、自己弁護だなんぞと云う罪名もまだ無かった。


posted by 岡島昭浩 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8180067
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。