2002年10月12日

アメリカンドッグとフレンチドッグ(道浦俊彦)


大阪にやってきた知り合いから「大阪では、アメリカンドッグ(あるいはドック)のことをフレンチドッグと言うようだが、大阪特有の呼び名か?」と聞かれました。アメリカンドッグもフレンチドッグも両方耳にしたことがある私は、どちらもそれほど不思議に思わなかったのですが、東京では「フレンチドッグ」とは言わないそうです。この名称はどこから生まれたもので、どこで使われているのでしょうか?



Yeemar さんからのコメント
( Date: 2002年 10月 13日 日曜日 23:59:21)

フレンチドッグとアメリカンドッグとの違いについては、魚肉を使ったものがフレンチ、豚肉を使ったものがアメリカンであると、いくつかのウェブサイトで説かれていますね。説の出所がはっきりしないのが残念です。日本ハムソー協会か日本屋台組合(?)あたりで定義していないものでしょうか。


種類の違いによるのであって、方言差でないとするならば、東京にもアメリカンドッグ・フレンチドッグの両方があってよさそうです。


私自身(高松市→東京都中野区)、そのたぐいのものをあまり食べないせいか、ホットドッグとの違いも最初はよくわかりませんでした。アメリカンドッグというのは、耳にしたことがあるようなないようなという程度です。フレンチドッグというのはほぼ初耳ではないでしょうか。


そこで、「フレンチドッグ」の語をチャット・掲示板等以外で使用しているウェブサイトの管理者がどの地方の人であるかについて、Googleでの「フレンチドッグ」検索結果上位から順番に10何件ほどを調べたところ、


日記III(71日目〜)(千代田区在住。ただし北海道での見聞)

てけてけごうごう(岐阜市在住)〔参考  2(北海道情報)

TALK(北海道東部出身)

おわら風の……(不明。ただし富山県八尾町での見聞)

新着情報(北海道生田原町商工会)

HOTEL INFO(渋谷区の会社)

Diary No6(道北在住)

株式会社サンフレッシュ_最新情報(下関市の会社)

a point of view(北海道出身、在住)

古いにっき(不明。釧路市在住?)

模擬店の華 アメリカンドッグについて考える―(愛知県在住?)

平成12年度の活動実績(鈴鹿市の高専)

日記? 雑記?(名古屋市在住?)


のごとくであり、北海道・中部のひとが多いように見受けられます。


発生は分かりませんが、現状についての一端は推測できるように思われます。



Yeemar さんからのコメント
( Date: 2002年 10月 14日 月曜日 00:09:51)

> 種類の違いによるのであって、方言差でないとするならば、東京にもアメリカンドッグ・フレンチドッグの両方があってよさそうです。


ここは不十分です。地方によってモノそのものがあったりなかったりしますね。



岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 2002年 10月 14日 月曜日 01:09:14)

 私が子供の頃、小倉球場か平和台球場で食べていたのは、「フレンチドック」だったと思います。中身が魚肉であったか豚肉であったかは分かりませんが、形状は、棒にさしたウインナー(ソーセージ)のまわりに、あまくした小麦粉を溶いたものを付けて揚げたやつですよね。で、それにケチャップやからしをかけて食べる。


 ホットドックのことをアメリカンドックと言っているのを聞いたことがある気がするので念のために。これはパンを開いて中にウインナーなどを挟み、軽く焼いて食べる、と。



道浦俊彦 さんからのコメント
( Date: 2002年 10月 17日 木曜日 07:44:08)

最初にこの疑問をぶつけてきた知人が自分で調べて、「アメリカでは”コーンドッグ”と呼ばれている」事を突き止めました。依然としてなぜ「アメリカン「やフレンチ」なのかは謎のままです。


posted by 岡島昭浩 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。