2003年01月06日

うれしいでした(道浦俊彦)

嬉しい時に「うれしいです」と言うのは(一部に賛否はあるものの)よく耳にしますが、その過去形は「うれしかった」ですよね。でも三重出身の叔母と祖母は「うれしいでした」と言うのですが、これは方言なのでしょうか?「です」を過去形にすると「でした」なので、そこからの類推なのでしょうか?


道浦俊彦 さんからのコメント
( Date: 2003年 01月 06日 月曜日 12:10:12)

GOOGLE検索で「うれしいでした」373件ヒットしました。鹿児島の人も使っているようです。「うれしいでした、三重」では1件。


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 2003年 01月 06日 月曜日 15:03:52)

 鹿児島の「うれしいでした」は、「からいも共通語」として有名ですね。

 「うれしかったです」と書いた児童の作文を、先生が「うれしいでした」と訂正した、という話を読んだ記憶があります。


道浦俊彦 さんからのコメント
( Date: 2003年 01月 06日 月曜日 19:01:22)

そう言われてみれば私もどこかで読んだような気がしてきました。「からいも共通語」というのは、「薩摩の人が、ハイパー・コレクト(でしたっけ?)してしまった共通語」ということでしょうか?


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 2003年 01月 06日 月曜日 19:24:57)

 新方言辞典稿(1996)では、「あついでした」が伊豆、「ないでした」が鹿児島と記述が別れていますが、書物の方はいかがでしょう。

新方言辞典稿


畠中敏彦 さんからのコメント
( Date: 2003年 01月 06日 月曜日 23:21:20)

「からいも共通語」について。
鹿児島においては、1)標準語でしゃべっていても、イントネーションは地元のものであったり、2)標準語のつもりでも、鹿児島弁が混ざっている場合に、やや皮肉をこめてこの言葉を使います。
なお、地元鹿児島では、「かいも普通語」と言うのが一般的です。
(ちなみに、私は幼児から22歳まで鹿児島市に住んでいました)


道浦俊彦 さんからのコメント
( Date: 2003年 01月 08日 水曜日 01:04:20)

「からいも標準語」「からいも普通語」とも呼ばれているようですね。


UEJ さんからのコメント
( Date: 2003年 01月 08日 水曜日 04:23:45)

なるほど、鹿児島ではサツマイモと言わずカライモと呼ぶんですね。
福岡出身の私の言葉はさしずめ「がめ煮共通語」といったところでしょうか(筑前煮では無く)。
関東出身で関西弁を話す人ならば「おでん関西弁」?(ちょっと苦しいですが)


posted by 岡島昭浩 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。