2003年02月24日

「を問わず」と「にかかわらず」の違いについて(ひかり)


久しぶりにメッセージを出します。

留学生から「〜を問わず」「〜にかかわらず」の意味の違いについて質問をうけ、面食らっています。文型辞典等でみてものっていないし、用例採集したものを見ても同じように思えるし……。ご存知の方教えてください。



Yeemar さんからのコメント
( Date: 2003年 02月 24日 月曜日 20:54:22)

手もとの『教師と学習者のための 日本語文型辞典』(くろしお出版)を見ますと、以下のようにありました。


【にかかわらず】

1 Nにかかわらず

天候、性別、年齢など、異なりを含んで成り立つ名詞を受けて、「その違いに関係なく」「その違いを問題とせずに」という意味を表す。

2 ...にかかわらず〔略〕


【を問わず】

Nを問わず

「それに関係なく」「それを問題にせず」という意味を表す。「昼夜」「男女」など対になった名詞が使われることが多い。次のように「Nはとわず」の形となることもある。

(例)(アルバイトの広告で)販売員募集。性別は問わず。


上記がたたき台になるでしょうか。私には、すぐには両者の違いを明瞭にするアイデアが浮かびませんが。



skid さんからのコメント
( Date: 2003年 02月 24日 月曜日 23:12:28)

「男女を問わず募集します」とは言っても「男女にかかわらず募集します」というのは何か変ですよね。

「ナンニョニ カカワラズ ココニ イルベカラズ」(和英語林集成)はよくて「男女を問わずここに立ち入るべからず」は……?


「○○を問わず××」は、○○はどちらであってもかまわないから、××します。

「○○にかかわらず××」は、○○がどちらであろうとなかろうと、××します。


なんて感じですけれど、こじつけかもしれません。



Yeemar さんからのコメント
( Date: 2003年 02月 26日 水曜日 03:18:41)

最近聞かなくなりましたが、古紙回収の車が「古新聞、古雑誌、ぼろぎれなどございましたら、多少にかかわらずお声をおかけください」というようなアナウンスをしていたのが耳に残っています。これは「×多少を問わずお声をおかけください」とは言えません。「多少を問わず回収にまいります」ならばOKです。実際に「問う」すなわち「質問する」ことがあるかどうかが関ってくるのでしょう。古新聞を出す側は、「新聞の量が多いか少ないか」は自分のことであって分かっているので、「×多少を問わず回収業者を呼び止める」と表現することはないのでしょう。



道浦俊彦 さんからのコメント
( Date: 2003年 02月 26日 水曜日 12:07:11)

「〜を問わず」は「〜に関して条件の提示をしない」ことを示し、「〜にかかわらず」は「状況のいかんを考慮しない」という違いがあるのではないでしょうか?

つまり「条件」と「状況」という使い方の違いでは?


posted by 岡島昭浩 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8180102
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。