2003年04月11日

ラムズフェルドのアクセント(道浦俊彦)


アメリカのラムズフェルド国防長官の「ラムズフェルド」のアクセントは、頭高でしょうか?それとも中高でしょうか?

英語なら2音節の頭高で「ラムズフェルド(HLL・LLLL)」だと思いますが、外来語として日本語の中に入ってしまうと、「ラムズフェルド(L・H・H・H・L・L)と中高で6音節になるのではないでしょうか?

で、ブッシュとかパウエルとか、日本語(外来語)にしても4音節以内の短い名前だと、中高にならずに、英語と同じ頭高アクセントで発音しますよね。その境目は5音節にあるのか、6音節にあるのか。そのあたりについても伺いたいと思います。



skid さんからのコメント
( Date: 2003年 04月 11日 金曜日 15:49:04)

私も気になっています。

なかには「ラムズフェルド(HLL・HLLL)」と、姓・名のような言い方をしている人がいて、奇妙な感じをいだきました。

日本語としては中高が自然に思います。

マンスフィールド元駐日大使などは、どうなのでしょう。



岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 2003年 04月 11日 金曜日 23:36:04)

外来語のアクセント規則は、シラブルとモーラが両方絡んでくるようです。

パウエルは4モーラ3シラブル、ブッシュは3モーラ2シラブル、マンスフィールドは7モーラ5シラブルですね。


で、その規則ですが、人によってやや書き方が異なります。

  ○後から数えて3モーラ目を含むシラブルに下がり目が来る

という書き方があります。ブッシュはそのままブの後で下がる、と。ラムズフェルドもフェで下がる、と。パウエルは後から3モーラ目のウを含むシラブル「パウ」に下がり目がある、と。同じくマンスフィールドも後から3モーラ目の「ー」を含む「フィー」に下がり目がある、と。


おおむね、この法則で行けるのですが、最終シラブルが長音の場合、うまくいかないようです。たとえば、フィールダー・チャンドラーというような語形のものがフィール'ダー・チャンド'ラーでなく、フィ'ールダー・チャ'ンドラーになるのを法則化しようとするともう少し加えねばなりません。


posted by 岡島昭浩 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8180111
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。