2003年06月13日

「ださい」について(Yeemar)

井上史雄+鑓水兼貴『辞典〈新しい日本語〉』(東洋書林)の「ダサイ」の項目、
ダサイ 「田舎くさい、泥くさい」。1975年に耳にしたとの報告あり、『現代用語の基礎知識』では1978年版に収録(暴走族を震源地にすると記述)、1981年にフジテレビの「オレたちひょうきん族」で使い、1980年代にタモリが「ださいたま」と表現した、1981年さいたまんぞうの「なぜか埼玉」がヒット(ホームページ1999)。
とあるこの「ホームページ1999」は私のホームページ「「ダサい」はいつから」のことなのですね。

本書で(用例でなく)出典文献として挙げられているホームページは、佐藤貴裕さんの「気になることば」と私のもののみのようで、光栄です。しかし、佐藤さんの名も私の名も出ておらず(私の名はべつに、よろしいのですが)、URLもそれぞれ誤っているのは残念。

「ダサい」の発生については、私のページに追記したとおりskidさんが1974年の例を挙げられ、その後さらに1973年の例を報告されました(日国.NET)。

私が個人的に得た証言では、当時神奈川県小田原市に住んでいた方が「暴走族をしていた友人から」「昭和48年(1973年)の春」に「突然耳慣れない奇妙な単語」を聞いたのが最初だということです。それで、私がホームページに書いたとおり「暴走族から端を発しているような気がします」とのことです。

この方はユニークな語源説も紹介してくださいました。「暴走族仲間が、普段ならコカコーラを飲むところをたまたまサイダーを飲んだところ、それが仲間うちのブームになり、サイダーでは古臭いので、ダサイと呼ぶようになった」そうです。記録には値する語源説だと思います。

別の方の証言。1976年、中学2年生のとき友人が「今日もコセコセと駄西詩を書き」という詩を書いたとのこと(原文ママ)。また、この方が高校2年の時(ということは1979年ごろ?)、雑誌「ぴあ」の「はみだし」〔「はみだしYOUとぴあ」でしたっけ〕に、「ダサイという言葉は『だって埼玉だもん』が略されてできたって本当ですか?」という投書が載ったとのこと。「だって埼玉」説は、私がホームページに書いたものより古いことになります。

整理して、私のページに追記しようと思いますが、とりあえずこちらに書き込む次第です。


posted by 岡島昭浩 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(1) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8180125
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「ださい」について # (語源説)
Excerpt: 【675】 「ださい」について # (語源説)  岡島昭浩  - 05/1/13(木) 3:38 ----- 「ださい」についての続きです..
Weblog: ことば会議室
Tracked: 2005-10-17 15:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。