2000年02月26日

なので(ヨブ)

最近、接続詞として、「なので」と使う人を耳にします。「だから」とか「結局」とか、いう意味で使っているようですが。「だから」が接続詞として独立したのはいつ頃からかわかりませんが、「なので」はまさしく今独立しようとしているようです。ちなみに私が聞いた例は、某校の職員会議の席上で、某国語教諭の口からです。


Yeemar さんからのコメント
( Date: 2000年 2月 26日 土曜日 15:46:52)

「。なので」を朝日新聞記事データベースで検索すると、1984〜94年までは0件でしたが、95年からひょっこり顔を出して2件、以下、96−1、97−1、98−4、99−1のようになっています。なので、ヨブさんの言われるとおり、離陸しつつあることばでかもしれないと思いました。紙面では、今のところは、インタビューや社外の人の原稿などに限られるようです。

ゴムマリほどの〔スイカ〕が目にはいった時の歓喜はもはや言うべき言葉もない。「天にも昇る心地」というのはこれをいうのであろう。なのでスイカをつくったことのない人は「天にも昇る心地」を知らないことになる。(「声」裾野市・池ノ谷木一(無職66歳)・朝日新聞 1995.07.22 p.5)


Yeemar さんからのコメント
( Date: 2003年 10月 12日 日曜日 02:48:39)

Qライターズ倶楽部編『ことばのおもしろ雑学事典』(西東社、1989、絶版)の中で、「くだらない」の語源について触れた中で

現在とは逆で、昔、日本の中心は関西だった。なので、京から江戸に来ることを「下る」と言った。〔……〕関東の地酒は「下らない酒」と呼ばれた。なので、つまらないもの、価値の劣るもののことを「下らない」というのだ。
という文章があると、短大生が報告しています(別スレッド「しかと」「くだらない」語源説の出所)。

この引用に、当の短大生のことばが混じっていないとすれば、1989年には「。なので」は使われていたことになりますが、原典を見ないことには何ともいえません。


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 2004年 03月 04日 木曜日 01:12:51)

「なのに」は「なので」よりも口頭語としては古くからあると思うのですが、文章語となると、「なので」のほうが現れやすいと言うような気がします。

「なのにあなたは京都へ行くの」
「だのに何故歯を食いしばり」

「だから」 ×なから
×だので  △なので


Yeemar さんからのコメント
( Date: 2004年 03月 22日 月曜日 02:32:56)

Yomiuri On-Line関西「ことばのこばこ」2004.02.16に「から・ので・なので」(佐竹秀雄氏)があります。カラは主観的なことを述べる場合に、ノデは客観的なことを述べる場合・改まった場合に使うということを説明した後、

 ところで、最近「がんばりました。・なので、合格点をください」のようなナノデの使い方をする若者が増えている。これも押しつけがましさを、避けているつもりなのだろう。
とあります。ところで、上の私の最初の発言が別のサイトで引用され、
なおYeemar さんのコメントに出てきた「なので」はわざとなのか、無意識なのか、わかりません。
と書き添えられていますが、これはむろんわざとであります。


新会議室へ

posted by 岡島昭浩 at 08:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上に私は『ことばのおもしろ雑学事典』という本を取り上げ、

> 当の短大生のことばが混じっていないとすれば、1989年には「。なので」は使われていたことになりますが、原典を見ないことには何ともいえません。

と記しましたが、後にこの本を入手し、原文を改めてみたところ、そのようなことば遣いはありませんでした。原文の該当箇所には、次のようにあります。

(引用開始)
現在は、東京に来ることを「上り」というが、昔は、京都が都で日本の中心だった。その名残りで、江戸時代にも、上方から関東に送られてくるものを「下りもの」と呼んだ。
 中でも清酒は、灘や伏見からの「下り酒」が本場。それに比して、関東の地酒は、「下らない酒」として、一段低く見られた。つまらないもの、価値の劣るもののことを「下らない」というようになったのは、これに由来するという。(p.194)
(引用終了)
Posted by Yeemar at 2006年07月30日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8186913
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。