2000年07月15日

アイスクリン(月読)


高知の桂浜で「アイスクリン」なるもの、どうもアイスクリームとアイスキャンディの中間というか、初期のアイスクリームというか、を食べましたが、こういう呼び方はほかにもあるのでしょうか。「アイスクリン」以外でも、初期型の名称でいまだに地方で呼ばれているものとか、、。「コールコーヒー」の話題にも便乗してのことですが、、、。



道浦俊彦 さんからのコメント

( Date: 2000年 7月 17日 月曜日 18:13:55)


関西では、昔はアイスクリームのことを「アイスクリン」と呼んでいたそうです。
今でも大阪城公園には、自転車に旗を立てたおばちゃんが、夏になると「アイスクリン」を売りに来ます。100円くらいだと思います。月読さんが言うようにアイスクリームとアイスキャンディーの中間みたいな、サクッとした感じの食感で、見た目は、先端の丸い、ソフトクリームのような感じで、コーンの上に乗っかっています。と、書いていると、食べたくなってきました。



堀正人 さんからのコメント

( Date: 2000年 7月 19日 水曜日 23:41:31)


「アイスクリン」は沖縄でも名物とされているみたいですね。

十数年、初めて助監督を務めたテレビドラマの舞台が大正時代で、「アイスクリン! お父様お手製のアイスクリン!」という子役のセリフがあったのを思い出しました。なんだか今考えると、大正ごろにはもう「アイスクリーム」っぽい感じもしますが、ちゃんと考証してあったのかな…?

もうひとつ思い出しました。故郷の福岡にいた小学校3年生のとき、大阪からの転校生とアイスクリームのことを「アイス」と略すか「クリーム」と略すかで議論になったことがありました。僕は「アイス」派で、現住所の東京でもそのようですが、関西方面では「クリーム」が一般的なのでしょうか?(こちらは昭和47年ごろの話です)

月読さんがポストされた趣旨からズレまくってますね。すみません。


posted by 岡島昭浩 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8186926
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。