1997年07月13日

合唱団の「演奏会」(satopy)

合唱団などのポスターで「定期演奏会」という表現を見受けますが、楽器でないのに「演奏」を使うのがちょっと気になります。
もし合唱などの関係者がお読みでしたら、使われている理由とか、語感とかお知らせねがえると幸いです。

なお、このことばについては私のページでも書いてみたので、よかったらご参照ください。こちらこちらになります。


Yeemar さんからのコメント
( Date: 1997年 7月 15日 火曜日 0:13:08)

 以下はタコレスです。すみません。

 「演奏会」は、中国人に「歌手のコンサート」という意味で手紙を
書いたときに、苦し紛れに使ったことがあります。「独唱会」ではお
かしいと思いましたもので。

 以下は、似たような話題(??)……つまり演奏会における〈ちょっと
引っかかるが言い換えにくいことば〉の例だと思いますので挙げてお
きます。

>>それではこれでですね、お楽しみいただきましたけれども、平成五年
>>もめでたく暮れていきまして、来たるべき平成六年、また皆様にとり
>>ましてご多幸な年であるように祈りを込めて、いつものように「蛍の
>>光」を合唱してお別れしたいと思います。どうぞ皆さん、会場の皆さ
>>んもどうぞご唱和ください。〔黛敏郎〕


(テレビ朝日「題名のない音楽会」 1993.12.26 9:00)

 「ご唱和」のこの用法は辞書にないのでは。


satopy さんからのコメント
( Date: 1997年 7月 16日 水曜日 1:09:30)

 万歳とか乾杯だったらぴったりくる、ということなんでしょうね。読経やお祈りもいけそうな気がします。ことほぐ場面とか祈りの場面でOKだから、黛さんも言ってしまったのでしょうか。
 『新潮文庫の百冊』によると、以下のような例がありました。もちろん、あったというだけで、普通の使い方なのかどうかは俄に判断がつきませんが。御参考まで。
二人の女の若い方が金切り声でうたうのに、甘ったるい裏声のテノールが唱和して、煽情的な恋の二重唱がうたわれた。『トニオ・クレーゲル』
わたしの乗った車室からも、それに唱和する声がおこった。見知らぬひとたちが声を揃えて歌い、歌わないものは下をむいて照れくさそうな恰好をしていた。『焼跡のイエス』
葡萄酒とパンとがないため、ミサこそ奉てられなかったが、その代り司祭は信徒たちとケレドやパーテル・ノステルやアべ・マリアの祈りを唱和し、その告悔を聞くことができた。『沈黙』


satopy さんからのコメント
( Date: 1997年 7月 16日 水曜日 1:12:39)

 あ、「ご唱和」が問題で、「唱和」が問題じゃないのかもしれませんね。やっぱりサトピーはいかれてる
かも。


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 1997年 7月 17日 木曜日 15:19:26)

 もと合唱団の岡島です。反応が遅くなり申し訳ありませんでした。
 たしかに「演奏」と言ってました。なんででしょうね。

 私の場合は、「楽曲」という言い方のほうが気になったりします。器楽曲や、合唱曲、またクラシカルな独唱曲であればあまり抵抗を感じないのですが、歌謡曲などで「楽曲」と言っていると、「なんと大袈裟な」と思ってしまいます。


Yeemar さんからのコメント
( Date: 1997年 7月 17日 木曜日 20:26:00)

 話題を枝分かれさせてしまったようですが、「唱和」についてあ
りがとうございました。歌の場合でも「唱和」を用いることはある
のですね。例によって、よく調べずにお伺いしてしまいました。

 私自身は、「蛍の光[をに]唱和する」というと、たとえばだれか
が詩吟のように「蛍の光〜窓の雪ィ」と唸り、皆が徐ろに「蛍の光〜」
と続く、というニュアンスで受け取ってしまいます。それで、手近
な辞書だけはみてみたのですが……。

 なお上の用例と相前後して、以下の用例も取っています。これも
「ご唱和ください」の形です。

>>今日は最後に、みんなくっきりと、言葉をはっきりと、あの「青
>>い山脈」を歌ってお別れしようと思います。テレビの前の皆さん
>>も、どうぞご一緒にご唱和くださいますように。「青い山脈」で
>>す。〔山川静夫アナウンサー〕
            「素晴らしき青春の歌〜藤山一郎追悼コ
            ンサート〜」
                NHKテレビ 1993.11.7 13:00


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 1999年 3月 31日 水曜日 17:03:07)

『ことばのくすかご』(最初のもの)p26に、「演奏」がありました。
歌曲・歌謡曲・合唱、そして謡曲の例が載っています。


posted by 岡島昭浩 at 02:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『ことばのくずかご』には歌曲の「名演奏」「御前演奏」、合唱の「演奏ぶり」、謡曲の「模範演奏」が載っていますね。

以下の例を知りました。
---
〔矢口真里〕宮崎学園高等学校の課題曲〔合唱曲〕の◆演奏でした。(NHK教育「第73回NHK全国学校音楽コンクール―高等学校の部―」2006.09.14 14:45)
---
終わりにアナウンサーも「演奏」と言っていました。
Posted by Yeemar at 2006年10月15日 02:25
『三省堂国語辞典』では第3版から「(二)演唱。」と載せていますね。
Posted by Yeemar at 2006年10月15日 02:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8186978
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。