1998年11月08日

ボキャ貧(言魔)


某国の首相を「ボキャ貧」とけなしているマスコミがありますが...
「マグワイヤをマックガイヤーと言った」ということで馬鹿にしている
雑誌がありました。なんという雑誌で、いつのものかはすっかり忘れて
しまいましたが、恥ずべきはその記事を書いた人ですねぇ...
そんな事いってたら、「メリケン粉」はどうする!「ミシン」はどうする!

別にその首相の肩を持つわけではありませんが、昨今のマスコミこそ
「ボキャ貧」もしくは「ネタ貧」なんでしょうね。
ちょっとこの会議室の本質とはずれているかもしれませんが、外国語の
日本語表記に関しての一事象として、とらえてください...

言葉のよろずや


posted by 岡島昭浩 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8187008
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。