1999年01月20日

日本で生まれたカンジ(畠中敏彦)


数年前、台湾へ出張した時、地元の方(日本の教育を受け、日本語の読み書き・会話とも堪能)が私の名刺を見て「”畠”の文字は初めて見たし、台湾の辞書にもない」といわれました。
これに関連して、中学時代、国語の先生から日本で生まれたカンジ(10個くらい?)を教わった記憶があります。
日本で生まれたカンジには、どのようなものがあるのでしょうか。 ”畑”は中国伝来の漢字で、”畠”は、日本で生まれたカンジでしょうか。また、両者は同義語でしょうか。



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 1月 20日 水曜日 14:02:12)


 以下のような、詳しいページがあります。

御参照ください。

一般的にはどちらも国字(和製漢字)と言われています。


和製漢字の辞典(大原 望さん)


posted by 岡島昭浩 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8187011
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。