2004年05月12日

たいさんあります

【65】
たいさんあります
 岡島昭浩
 - 04/5/12(水) 1:00 -
----
掘った芋はどこにの中の一部、外国人風日本語の話です。

このURL
http://www.ne.jp/asahi/nihongo/okajima/huseigo/
に、纏めつつありますが、面白いものを。

井筒月翁『維新侠艶録』中公文庫昭和六十三年(昭和三年十二月 萬里閣書房)
「あれ、誰ありますか」
「家老です」
「おかしい服ありますね」
「あれは日本の礼服です」
 サトーと伊藤とはこんな会話をした。

『会話篇』も作ったアーネスト・サトウにこう言わせるとはおもしろいと思いました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

北杜夫『さびしい乞食』の役割語など
Excerpt: 方言で翻訳するや、たいさんありますに関わる話題です。 北杜夫『さびしい乞食』は翻訳ではありませんが、英語でしゃべったはずのことを日本語で書いています。(頁は新潮文庫) p39に、「それはペンですか。..
Weblog: ことば会議室
Tracked: 2005-12-10 16:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。