2005年10月17日

強調接頭語「ど」の語源について

【141】
強調接頭語「ど」の語源について
 nakam
 - 04/6/9(水) 11:59 -
----
よく、「ど根性」や「どあほ」、「どつぼ」、「ど真ん中」といったように、
強調の接頭語として「ど」が使われますが、
元々は何かの言葉でそれが変化したものなのでしょうか?

日本国語大辞典に「近世の上方の俗語」とあったので、
上方語源辞典(東京堂出版)を調べてみたところ、
語源としては、
「近世上方語では「ど」の外に「どう」を用いた。前者は後者の短呼。ただし「ど」が固定してからは、「ど」を冠するのみで「どう」を冠しない語もある。「どう」は現代に入って廃滅(ただしその訛形「どん」は残存。)」
と掲載されていました。
この「どう」という言葉について、語源を調べております。
もしご存知でしたら、教えていただけますでしょうか。

よろしくお願いします。



【143】
Re:強調接頭語「ど」の語源について
 岡島昭浩
 - 04/6/11(金) 21:54 -
----
▼nakamさん:
>この「どう」という言葉について、語源を調べております。


これは、未詳ということのようです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。