2005年10月17日

本についての言葉

【105】
本についての言葉
 岡島昭浩
 - 04/5/24(月) 22:50 -
----
「目についた言葉【腰巻と帯】」に書いていた、腰巻についての記事が、紀田順一郎『本の環境学』(出版ニュース社1975)にありました(今日、早稲田の古書現世で百円)。310頁からの「読書人を悩殺する〈腰巻〉」。「腰巻文学大賞」はやはり『面白半分』
書物研究家、種市登氏の教示によるとすでに大正三年刊の阿部次郎『三太郎の日記』(東雲堂)(中略)などにも、すでにこれがついている。




【184】
Re:本についての言葉
 岡島昭浩
 - 04/6/28(月) 10:22 -
----
古本では「貸本上がり」というのを、CD・ビデオなどでは「レンタル落ち」と言っているのは面白い。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。