2005年10月17日

「ださい」について # (語源説)

【675】
「ださい」について # (語源説)
 岡島昭浩
 - 05/1/13(木) 3:38 -
----
「ださい」についての続きですが、新語源説がありました。ここの下の方に載っているのですが、
第二次大戦後 フランスで 田舎向けに作られた自動車の名前です。その車のイメージが ダサイという名前とともに 日本に入ってきた

ということですが、多彩なるかな、「ださい」の語源説。



【676】
Re:「ださい」について # (語源説)
 Yeemar
 - 05/1/13(木) 21:50 -
----
▼岡島昭浩さん:
>「ださい」についての続きですが、新語源説がありました。


私のホームページが知らないところでリンクされていて恥じ入ります。

ダットサンは知っていますが、ルノーにダサイという車種があったのは知りませんでした。ちょっとにわかには確かめられませんでした。


この記事へのコメント
 ダサイとは馬の姿を言います。
漢字で【駄載】と書きダサイと読みます。
その馬の姿は、馬の背に左右に振り分けて荷物を運ぶ姿で、何の価値も無い駄馬が荷物を積載する事です。
 因みに駄馬と書いてダメと読み、反対語に駿馬と書いてシュンメと読ませます。
Posted by 練馬大根 at 2009年04月04日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8239465
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ださい
Excerpt: 馬淵和夫『奈良・平安ことば百話』東京美術 一時「ダサイ」ということばがはやった。「野暮ったい」「粋でない」というぐらいの意であろうか。その出どころは、「the埼玉《さいたま》」といった場合の、「..
Weblog: 日本語の語源説
Tracked: 2006-03-28 17:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。