1999年12月03日

いち、に、さん(峰)


「一富士、二鷹、三なすび」は有名ですが
ほかにも色々あるようですね。

「一買い、二臼、三お釜」
(小田原:かまぼこ職人の諺)
「一そば、二コタツ、三そべり」
(信州:農閑期の過ごし方)

〜以上、今朝のズームイン朝から〜

Z朝



言魔 さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 04日 土曜日 23:23:33)


「一姫、二虎、三ダンプ」とあるタクシー会社の嫌う車(昭和40年代)
「一姫、二虎、三役人」 − ” − 嫌う客(昭和50年代)
いずれも埼玉ローカルかも知れませんが...
シモネタでしたら他にもありますが、ここでは自粛いたします。

言葉のよろずや



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 05日 日曜日 0:43:25)


 この手のものって、集成したものはないのでしょうかね。
 「名数辞典」には載ってなさそうだし。

「一押し、二金、三男」でしたっけ、もてる要件。「二いろ」だったか。それは三の「男(前)」と重なるしなあ。
「一押し」は今ならストーカーまがいですね。



さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 05日 日曜日 1:09:59)


!その時のコメントから・・・

人間の心理として(日本人の…だったかな?)
3は落ち着くんですよ。
4じゃなく3が!!

ほんとかな?



岡島昭浩 さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 08日 水曜日 10:33:13)


「一富士、二地下、三バス火」と言われたのは、いつのことでしたか。正月早々、富士山で落石、新宿地下街で爆発、バスが炎上、ということが相次いだのは。

「一富士、二鷹、三なすび」のもじりも集めれば面白かろうと思います。

「1に〜〜2に〜〜34がなくて5に〜〜」というのもありますが、これはいつ頃からあるものでしょうか。



taijaS さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 08日 水曜日 17:04:15)


たまにお邪魔します。

> 「一富士、二鷹、三なすび」のもじり

例えば;
 「一姫 二太郎 三なすび」とか。

「いちひめ にたろう」を人数のことだと思っている人も多いようですが、あれは順番のことですよね?
「三なすび」とは、末っ子はどうでもいいということか。



言魔 さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 09日 木曜日 12:11:21)


地域格差はあるでしょうが..
「一姫 二太郎」は先に女児、後で男児が産まれると
育てやすいという考え方らしいです。つまり、女の子は
成長が早いから男の子の面倒をみるとか..我が家は
「一太郎 二姫」で、しかも年子ときたもんだ!
娘は息子を追い越す勢いです...

尚、昨今、金融会社の営業姿勢が問題になっておりますが、
私のところでは、営業部門は「一に売り込み、二に売り込み、
三四が無くて五に売り込み」と指導してます...
受験生は「一に勉強二に勉強..」と言われていた時代の
人間ならではの...

言葉のよろずや



道浦俊彦 さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 10日 金曜日 6:15:25)


朝日文芸文庫から出ている「井上ひさしの日本語相談」という本に「四大美人とはなぜいわないの」(25P)という欄があって「なぜ3にしぼるのか」について、井上ひさしが答えています。



ののまる さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 10日 金曜日 15:00:19)


> 「一富士、二鷹、三なすび」のもじり

今年上半期に元気が良かった人と言うことで、
「一藤、二タカ、三なすび」というのを作って遊んでました。
一は宇多田ヒカル(お母さんが藤なので)
二は石原都知事(タカ派なので)
三は既に忘れかけられてる懸賞生活。



かねこっち さんからのコメント

( Date: 1999年 12月 29日 水曜日 10:38:39)


ここのテーマと違うかも知れませんが

「一合雑炊、二合粥」というのがありました。
続きがあって、
「一合雑炊、二合粥、三合飯に、四合鮨、五合餅なら誰も食う」
(平野雅章「食物ことわざ事典」文春文庫)

一食分か一日分か


posted by 岡島昭浩 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「ことば会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8248200
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。