2003年11月19日

開智学校(Yeemar)


松本市の重要文化財「旧開智学校」を訪ねました。立石清重が設計施工し1876年に竣工した擬西洋建築の瀟洒な小学校です。これまで修学旅行を含め複数回訪ねました。見学しながら私がとったメモの字を判読すると以下のようです。


---

1.開智学校のピアノの説明札に

  大正7年(1918)5月、松本尋常高等小学校筑摩部{つかまぶ}〔ボールペンで振り仮名〕の開校記念に寄贈された

「ちくま」でも「つくま」でもなく「つかま」の読みがあることを知った。


2.開智学校校歌

  藪しもわかぬ 天つ日の 光あまねき 影みても 世の人みなは 隔てなく いつくしむこそ 宜しけれ

鳴っていたオルゴールによれば、節は「レレソラシラソ ミーミソソラー レーソミレレソラ シーソシラソー レ(高)レ(高)シソミラレ ミーラソシラー シーラソレレミド ラーソシラソー」。(MIDI音源〔期間限定〕


3.展示品の甕(県立松本中学校主催の第9回小学校野球連合大会〔大正2年〕の賞品)に

  最優退賞

「優退」は『日本国語大辞典』になし。「続けて勝って退くこと」か。


4.「以呂波図」明治7年〔ポスター様のもの。壁に貼られていたか〕

マス目の中に「いろは」のひらがな字体を示す。字体は現行とほぼ同じで、各々の下に小さく1〜2種の変体仮名を書き添える。ただし、「そ」は「う」に似た字体を主とする。また、「お」の字体は左側が「オ」、右側が「こ」となっているものか(破れていてよく分からず)。説明書きには「明治のはじめの頃は、平仮名はまだ一般的ではなかったため、読みやすいように変体仮名が補われています。」とある。この説明はちょっと違うのではないか。


5.福沢諭吉「世界国尽」(明治2年)所載のカラー世界地図

現在の「太平洋」はそのまま「太平洋」とあるが、「大西洋」は「あたら海」(「あ」は「阿」の変体仮名)とある。「あたら」とは何であろうか。「Atlantic」であろうか。テキストファイル

  http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/bun/kunidukusi.txt(岡島さん)

を見ると「阿多羅海」とも書かれているようである。


6.『尋常小学 国民新算術書 生徒用 巻一』

  ヨセル

数を示した絵と絵との間にこう記す。「plus」の意で用いているようだ。算盤用語からか。


おまけ 旧司祭館(開智学校西側)

県宝」と説明書きに。長野では「国宝」に習い「県宝」を定めているようである(他県にはないのではないか)。




posted by 岡島昭浩 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「あれこれ会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。