2004年02月09日

うわづら文庫『名家漫筆集』の不具合?(藪野直史)


うわづら文庫、重宝させて頂いております。

さて、昭和帝国文庫『名家漫筆集』長谷川天溪なのですが、

下から2番目のファイル


teikoku_meika08.pdf


が「ファイルの最初に%PDF−がありません。」というダイアログが表われ、ファイルが表示されません。


他はすべてダウンロードできますし、違ったパソコンで試みましたが、同じでした。何らかの不具合があるのではないでしょうか。



岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 2004年 02月 10日 火曜日 00:10:07)

 ご利用有り難うございます。


 おっしゃるとおり、おかしいようです。


 差し替えるべきファイルがあるのか、調査いたします。


 今後とも不具合があればお知らせいただければ幸いです。この度は有り難うございました。



岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 2004年 02月 10日 火曜日 15:49:37)

 手許のファイルも壊れておりまして、見える部分だけを救出しました。


後日、補うのが何時になるのやら分かりませず、申し訳ありません。

うわづら(帝国文庫名家漫筆)



藪野直史 さんからのコメント
( Date: 2004年 02月 10日 火曜日 22:07:45)

早速のご対応、ありがとうございます。

「蜘蛛の糸巻」は646ページから685ページ(「蜘蛛の糸巻追加終」表記あり)になっています。

「雲萍雜志」はしっかり前のファイルで完了し、635ページですので、

「蜘蛛の糸巻」は頭の10ページ分が脱落しているのですね。

おせっかいですが、こちらにこう記しておけば、ダウンロードされた方で、疑問に思ってこちらにこられた方にもいいと思いまして、コメントさせて頂きました。

どうか補正は、ごゆっくりなさって下さい。

「名家漫筆集」その他、新しい「うわづら文庫」登録分だけでも、読ませて頂くものは沢山、御座いますから。

今後とも、いろいろ御登録の程、お願い申し上げます。 


posted by 岡島昭浩 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「あれこれ会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。