1998年02月21日

PC Compatibility Card を動かしてます(森川知史)

「ことば会議室」では時折書かせてもらってますが、こちらのページに投稿するのは初めてです。以前からずっと読ませてもらっては、おりました。
私のハードは Power Mac 8600/200zip なんですが、1ヶ月ほど前からPC Compatibility Card を愛用しています。これ Apple 純正なんです。これに80Mメモリを積んで Windows95 から Internet Explorer4.01 でこちらのページを覗いています。
言うまでもないことですが、 Internet Explorer4.01 ってMac用と Windows用とではまるで別物ですよね。4.0のとき何かとトラブった Explorer ですが、私は酔狂にもこれが痛く気に入ってしまって、これを起ち上げるべく Compatibility Card を愛機のMacに入れたのです。すこぶる快調に動いてます。
ただ、こんな酔狂なことをする者は珍しいらしく、この環境についての会話が殆どできません。
どなたか、同様の粋人がおられましたら、声をおかけください。教えていただきたいこと等もありますので。
よろしくお願いします。


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 23日 月曜日 17:40:32)

 いいですね。どこで購入なさったのでしょう。昨年の今頃、購入しようとしたのですが、在庫がありません、ということでした。その後生産を再開したのでしょうか。


森川知史 さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 25日 水曜日 0:13:53)

以前のIntel100MHzのCPU搭載のものではなく、今度は166MHzを載せてAppleが最近出したものです。一般に輸入販売はされていないようです。
たまたま、京都寺町のOAシステム・プラザで並行輸入して入荷直後のものを8万円弱で手に入れました。
コマンド+returnで一気にWindowsに切り替わります。最新のWindows環境はほぼ完全な形で動きます。InternetExplorer4.01もかなりの速度で起ち上がります。確かに4.0のときには何かとトラブルの多いExplorerでしたが今ではすべて解決済みですし、PointCastのようなプッシュ型のネットの魅力はまだまだMacでは充分味わえないものです。
周辺機器もMacに接続のものがほぼ(プリンターを除いて)みんな認識できますし、2ボタン・マウスまで問題なく動きます。
Macの使いやすさや優秀さの一方で、Windowsならではのよさも多々ある訳で、両方の利点をそれぞれ活用できる環境はなかなかのものです。


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 25日 水曜日 17:37:38)

 166MHzですか、いいですね。最近雑誌もあまり読んでなくて知りませんでした。
 寺町のOAシステムプラザ、よく行ってました。そこで8万円ですか。公費で買おうとすると桁が一つあがるでしょうね、もし福井にあったとしても。

 Windows起動中はMacの方はスリープ状態になるのでしょうか。


森川知史 さんからのコメント
( Date: 1998年 2月 25日 水曜日 21:54:58)

Windows起動中もMacの方はスリープ状態にはなりません。
裏で動いていますので、一方で何か作業をさせながらもう一方を動かすことが可能です。皆さんが想像なさっている以上に快適に動きます。是非お試しあれ。


岡島昭浩 さんからのコメント
( Date: 1998年 4月 27日 月曜日 11:01:03)

 一昨日、京都での研究会の前に寺町OAシステム・プラザへ行き、見て来ました。値段は10万円弱になってました。店頭に三つも置いて有り、在庫は豊富そうでした。

 でも、ちょっと手は出ません。




posted by 岡島昭浩 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ■初代「あれこれ会議室」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。